上級ファイルVIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: ファイルI/O VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

上級ファイルVIおよび関数を使用して、ファイル、ディレクトリ、およびパスを操作します。

パレットオブジェクト説明
2つのパスを比較パス1パス2を比較し、2つのパス間の相対パス、2つのパス間の共有パス、パスが同じパスの階層レベルにあるかどうかを示すブールを返します。
MD5チェックサムファイルファイルのMD5メッセージダイジェストを計算します。 MD5メッセージダイジェストは、小文字の16進形式で表示される128ビットの数値です。
Refnumをパスに変換指定したrefnumに関連付けられているパスを返します。
アクセスを拒否refnumで指定されたファイルのインスタンスを再度開いて、他のrefnum、VI、またはアプリケーションへのアクセスが拒否される読み取りまたは書き込みを一時的に変更します。
コピーソースパスで指定するファイルまたはディレクトリをターゲットパスで指定する位置にコピーします。 ディレクトリをコピーする場合、この関数はすべての内容を再帰的に新規の位置にコピーします。 この関数を使用して、ファイルをLLBへコピーしたりLLBからコピーすることはできません。
タイプと作成者を取得パスによって指定されたファイルのタイプと作成者を読み取ります。 タイプおよび作成者は4文字の文字列です。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
タイプと作成者を設定パスによって指定されたファイルのタイプと作成者を設定します。 タイプおよび作成者は4文字の文字列です。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。

ファイルのタイプ作成者の設定は、macOSでのみサポートされています。
バイナリファイルから読み取る (事前割り当て)ファイルからバイナリデータを読み取り、そのデータのコピーを作成することなく事前に割り当て済みの配列に格納します。 この関数は、「バイナリファイルから読み取る」関数とは異なり、ランタイムにメモリ割り当てを行いません。
パスタイプ指定されたパスのタイプを返して、そのパスが絶対パス、相対パス、または<無効パス>であるかを示します。
パスを配列文字列に変換パスを文字列の配列に変換し、パスが相対的かどうかを示します。
パスを文字列に変換パスを、プラットフォームの標準形式でパスを記述する文字列に変換します。
ファイル/ディレクトリ情報パスで指定されたファイルまたはディレクトリに関する情報を返します。返される情報には、ファイルまたはディレクトリのサイズ、最終変更日、ディレクトリまたはショートカットであるかどうか、ファイルまたはディレクトリがショートカットである場合は解決されたパスであるかどうかなどの情報が含まれます。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
ファイルサイズを取得ファイルのファイルサイズを取得します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
ファイルサイズを設定ファイルの終わりのマーカをファイルの先頭のサイズバイトに設定することによって、ファイルのファイルサイズを設定します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
ファイルシステムで表示ファイルまたはディレクトリのパスを、現在のプラットフォームに基づいて、(Windows) Windows Explorer、(macOS) Finder、または(Linux) ファイルシステムブラウザで開きます。 LLBまたはパッケージプロジェクトライブラリの中にあるファイルのパスを指定した場合、このVIは、そのLLBまたはパッケージプロジェクトライブラリのパスを開きます。
ファイルダイアログファイルまたはディレクトリを指定できるダイアログボックスを表示します。
ファイルまたはフォルダが既存するかチェックディスク上の指定されたパスでファイルまたはフォルダがあるかどうかを確認します。 このVIは、LLBファイルのファイルと同様に標準ファイルとフォルダに対応します。
ファイル位置を取得ファイルの先頭に対するrefnumによって識別されたファイルの現在のファイルマークの位置を返します。
ファイル位置を設定refnumによって指定されたファイルの現在のファイルマークを、基点のモードに従って、オフセット (バイト) によって指定された位置に移動します。
ファイル拡張子を取得指定したファイルの拡張子 (ドットを除く) を返します。
ファイル更新refnumによって識別されたファイルのすべてのバッファをディスクに書き込み、refnumに関連付けられたファイルのディレクトリエントリを更新します。
フォルダをリストパスで検出されたすべてのファイル名とフォルダ名をリストする2つの文字列の配列を返して、パターンに基づいて両方の配列をフィルタ処理し、指定されたデータログタイプに基づいてファイル名配列をフィルタ処理します。
フォルダを作成パスで指定した適切なフォルダを作成します。
ボリューム情報を取得パスによって指定されたファイルまたはディレクトリが含まれているボリュームに関する情報を返します。この情報には、バイト単位のボリュームと空き容量によって決定される保管空間の総容量が含まれます。
移動ソースパスで指定したファイルまたはディレクトリをターゲットパスで指定した場所に移動します。 ディレクトリを移動する場合、この関数はディレクトリのすべての内容を再帰的に新規の位置に移動します。 この関数を使用して、ファイルをLLBへ移動したりLLBから移動することはできません。
一時ファイルパスを生成一時ディレクトリとして、固有のファイルパスを返します。 このVIはパスのみ返します。 一時ファイルは作成しません。
権限を取得パスで指定されたファイルまたはディレクトリの所有者、グループ、権限を返します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
権限を設定パスで指定したファイルまたはディレクトリの所有者、グループ、および権限を設定します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
再帰ファイルリストフォルダまたはLLBの内容をリストします。
削除パスによって指定されたファイルまたはディレクトリを削除します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
増分する接尾辞と一緒にファイルを作成ファイルを作成し、指定されたパスにそのファイルが既に存在している場合には、ファイル名の末尾に増分番号を追加します。 ファイルが存在しない場合、このVIはファイル名に増分番号を追加せずにファイルを作成します。
配列文字列をパスに変換文字列の配列を相対または絶対パスに変換します。
文字列をパスに変換現在のプラットフォーム用に標準形式でパスを示す文字列をパスに変換します。
名前がマルチプラットフォームかファイル名が他のプラットフォームで有効かどうか確認します。 このVIは、LabVIEWをサポートするデスクトッププラットフォーム (Windows、macOS、およびLinux) に対してのみファイル名を確認します。 すべてのプラットフォームまたは現在のプラットフォームに対してファイル名を確認するかは選択できます。


サブパレット説明
データログ関数データログ関数を使用して、データログファイルの開閉、データログファイルのデータの読み取りや書き込み、データログファイルの場所やデータログレコード数の取得と設定を行います。
パックライブラリVIパックライブラリVIを使用して、パックプロジェクトライブラリからデータを取得したりデータを返します。
書き込みフィルタVI書き込みフィルタVIを使用して、ボリュームを不要な変更から保護します。 タッチパネルデバイス用に書き込みフィルタを有効にしたり、無効にしたり、構成にしたりできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった