ライブラリ&実行可能ファイルVIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: コネクティビティVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

ライブラリ&実行可能ファイルVIおよび関数を使用して、ダイナミックリンクライブラリ(DLL)などのライブラリからコードを呼び出したり、他のアプリケーションで使用するLabVIEWデータを操作したり、また、テキストベースのプログラミング言語で書かれたコードを呼び出したりします。

パレットオブジェクト説明
Run AppleScript CodeExecutes AppleScript code to communicate with external macOS applications from LabVIEW.
システム実行システムコマンドを実行します。 VIから他のWindowsアプリケーションやコマンドラインアプリケーション、(Windows) バッチファイル、または (macOSおよびLinux) スクリプトファイルを実行または起動するには、「システム実行」VIを使用します。 「システム実行」VIでは、コマンド文字列内にそのコマンドでサポートされている任意のパラメータを含めることができます。
ライブラリ関数呼び出しノードDLLまたは共有ライブラリ関数を直接呼び出します。


サブパレット説明
Pipes VIsPipe VIを使用して、Linuxのアプリケーション間でデータを渡します。 Pipe VIは、異なるプロセス間の通信を可能にすることにより、同期処理を簡素化します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった