アプリケーション制御VIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: プログラミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

アプリケーション制御VIおよび関数を使用して、ローカルコンピュータ上またはネットワークを介してVIおよびLabVIEWアプリケーションをプログラム的に制御します。 これらのVIおよび関数を使用して、複数のVIを同時に構成できます。

パレットオブジェクト説明
LabVIEW終了実行中のすべてのVIを停止し、LabVIEWの現在のインスタンスを終了します。
VIサーバリファレンスデフォルトでは、現在のVIのスタティックVIリファレンスを返します。 ブロックダイアグラムアイコンをクリックして、ショートカットメニューから選択することにより、このリファレンスを、現在のアプリケーション、VIの制御器または表示器、またはペーンのリファレンスを返すように構成できます。 このリファレンスを使用して、関連するVI、アプリケーション、制御器、表示器、またはペーンのプロパティおよびメソッドにアクセスできます。 「VIサーバリファレンス」関数は、常に、完全に認証されたリファレンスを返します。 パスワードセキュリティが懸念される場合は、他のVIにリファレンスを渡す際に注意してください。
VIリファレンスを開く名前文字列またはディスク上のVIの位置へのパスによって指定されたVIへのリファレンス、カスタム制御器、またはグローバル変数を返します。
アプリケーションリファレンスを開く指定されたコンピュータで起動中のVIサーバアプリケーションへのリファレンスを返します。
インボークノードリファレンスでメソッドまたは動作を呼び出します。 大半のメソッドには関連付けられているパラメータがあります。
クラス指定子定数出力のクラスを選択します。

また、制御器refnum制御器または端子からクラス指定子定数を作成することもできます。
スタティックVIリファレンスVIのスタティックリファレンスを管理します。 「スタティックVIリファレンス」関数を構成すると、一般またはタイプ指定されたVIリファレンスを出力できます。 ブロックダイアグラムに「スタティックVIリファレンス」関数を配置してダブルクリックすると、ファイルダイアログボックスが表示され、VIを選択できます。
ドラッグドロップデータを取得現在のドラッグアンドドロップ操作のドラッグデータを返します。 データタイプの確認の他にドラッグデータにアクセスする必要がある場合のみ、この関数を使用します。 ドラッグアンドドロップ操作が進行中でない場合はエラーが返されます。 要求されたデータが利用可能でない場合、LabVIEWはエラーを返します。
プロパティノードリファレンスの取得 (読み取り) および/または設定 (書き込み) プロパティです。 ローカルまたはリモートのアプリケーションインスタンス、VI、オブジェクトのプロパティとメソッドを取得または設定するには、プロパティノードを使用します。 プロパティノードを使用してLabVIEWクラスのプライベートデータにアクセスすることもできます。
より一般的なクラスに変換制御器またはタイプ定義などのリファレンスを継承階層のより一般的なクラスに型変換します。
より特定のクラスに変換制御器またはタイプ定義などのリファレンスを継承階層のより特定のクラスに型変換します。
リファレンスを閉じる開いているVI、VIのオブジェクト、開いているアプリケーションインスタンス、.NETまたはActiveXオブジェクトに関連付けられたrefnumを閉じます。
リファレンス呼び出しリファレンスで指定したVIを呼び出します。 リファレンスVIはタイプ指定リファレンスでなければなりません。
呼び出しチェーン発呼者のチェーンを現在のVIからトップレベルVIに返します。 呼び出しチェーン配列の要素0には、呼び出しチェーンの最下位VIの名前が含まれます。 次に続く要素は、呼び出しチェーンのより下の階層のVIの発呼者です。 呼び出しチェーン配列の最後の要素は、トップレベルVIの名前です。
制御器値を指標で取得参照するVIの制御器から値を取得します。 この関数は、制御器クラスのプロパティを使用するなどしてフロントパネル制御器の端子から読み取るVIサーバオブジェクトよりも高速です。 しかし、この関数を使用するには、制御器の値を取得する他の方法よりも高度なアプリケーション設計が必要になります。
制御器値を指標で設定参照するVIの制御器の値を設定します。 この関数は、制御器クラスのプロパティを使用するなどしてフロントパネル制御器の端子に書き込むVIサーバオブジェクトよりも高速です。 しかし、この関数を使用するには、制御器の値を設定する他の方法よりも高度なアプリケーション設計が必要になります。
停止ツールバーの実行停止ボタンをクリックした場合と同様にVIを停止します。 入力をTRUEにしてこの関数を呼び出す前に、必ずVIの最終タスク (ファイルを閉じる、制御中のデバイスの安全値を設定するなど) を完了する必要があります。
非同期呼び出しを開始リファレンス入力で指定されたVIへの非同期呼び出しを開始します。 リファレンスを「VIリファレンスを開く」関数で非同期実行に対してどのように設定するかによって、呼び出し後にVIを無視したり、後で非同期呼び出しを待機ノードでVIの出力を取得できます。
非同期呼び出しを待機ターゲットVIの実行が完了して出力が返されるまで、非同期呼び出しを待機します。 リファレンスに対して非同期呼び出しを待機ノードを使用するには、リファレンスを開くときに「VIリファレンスを開く」関数のオプション入力に0x100オプションフラグを含める必要があります。 また、非同期呼び出しを開始ノードでターゲットVIを呼び出す必要があります。


サブパレット説明
CPU情報関数CPU情報関数を使用して、コンピュータまたはターゲットの特性に関する情報を入手します。
VIスクリプトVIおよび関数VIスクリプトVIおよび関数を使用して、VIをプログラム的に作成、編集、実行できます。
アプリケーションビルダVIアプリケーションビルダVIを使用して、ビルド仕様をビルド、デプロイ、クリーンアップします。
パレットの編集VIパレットの編集VIは、制御器または関数パレットセットをプログラム的に編集できます。
メモリ管理関数メモリ管理関数を使用して、LabVIEWのメモリのパフォーマンスを向上します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった