アプリケーションビルダVI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: アプリケーション制御VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

アプリケーションビルダVIを使用して、ビルド仕様をビルド、デプロイ、クリーンアップします。

パレットオブジェクト説明
デプロイビルド仕様の出力をターゲットにデプロイします。 このVIを使用するには、「ビルド」VIでビルド仕様をビルドします。
ビルドビルド仕様を右クリックしてプロパティを選択することで構成されるメモリのプロパティを使用してビルド仕様をビルドします。 このVIを使用する場合、まずプロパティショートカットメニューオプションでビルド仕様を構成する必要があります。
ビルド仕様バージョンを取得ビルド仕様のバージョン情報を取得します。 このVIは、メジャー、マイナー、修正およびビルドバージョン番号を返します。これらの番号は、ビルド仕様のプロパティダイアログボックスのバージョン情報ページのバージョン番号に対応します。
ビルド仕様バージョンを設定ビルド仕様のバージョン情報を設定します。 このVIは、メジャー、マイナー、修正およびビルドバージョン番号を設定します。これらの番号は、ビルド仕様のプロパティダイアログボックスのバージョン情報ページのバージョン番号に対応します。 LabVIEWは、このVIにパスが配線されている場合にのみ、自動的にバージョン情報を保存します。 このため、このVIにプロジェクトリファレンスを配線する場合は、バージョン情報を設定した後でプロジェクトを手動で保存する必要があります。
削除最後のビルドで生成されたビルド仕様ファイルを削除します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった