配列文字列をパスに変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: パス/配列/文字列変換関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

文字列の配列を相対または絶対パスに変換します。

配列内に空の文字列がある場合、空の文字列の前のディレクトリ位置はパス出力から削除されます。 これは、ディレクトリ階層で1つ上のレベルに移動する動作と似ています。

詳細  

相対は、作成する相対パスまたは絶対パスを示します。 Trueの場合、関数は相対パスを作成します。 False(デフォルト)の場合、絶対パスを作成します。 Falseに設定し、指定されたパスが絶対パスとして有効でない場合(たとえば、パスが上のレベルに移動することを意味する場合)、関数はパス<無効パス>に設定します。
文字列の配列には、作成するパスの構成要素の名前が含まれています。 最初の要素は、パス階層の最高レベル(複数のボリュームをサポートしているファイルシステムの場合はボリューム名)で、最後の要素は階層の最後の要素です。 空の文字列が含まれている要素は、階層のレベルを1つ上に移動するようにLabVIEWに指定します。
メモ  文字列配列内にある各文字列は、完全なパスを構成する1つの要素を表す必要があります。 部分パスは異なるディレクトリ分離記号を使用するプラットフォームで無効なパスを生成する場合があるため、test\subtestなどの部分パスは配列要素として有効でありません。
パスは結果のパスです。

配列文字列をパスに変換の詳細

たとえば、この関数を含むVIへのパスがc:\dir1\main.viとします。 この関数と使用して、c:\dir1\dir2\called.viなどの別のVIへの相対パスを作成するには、TRUEを相対に配線します。 文字列の配列で、dir2を最初の要素として入力して、called.viを第2の要素として入力します。 関数は、dir2\called.viの相対パスを返します。 「パス作成」関数を使用して、「現在のVIのパス」関数の出力へ相対パスを追加します。

c:\dir1\dir2\called.viへの絶対パスを作成するには、FALSEを相対に配線します。 文字列の配列では、cを最初の要素、dir1を第2の要素、dir2を第3の要素、called.viを第4の要素として入力します。 関数は、c:\dir1\dir2\called.viの絶対パスを返します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった