ビルド VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: アプリケーションビルダVI

インストールパッケージ: ベース開発システム

ビルド仕様を右クリックしてプロパティを選択することで構成されるメモリのプロパティを使用してビルド仕様をビルドします。 このVIを使用する場合、まずプロパティショートカットメニューオプションでビルド仕様を構成する必要があります。

「ビルド」VIは、LabVIEWランタイムエンジンと一緒に使用することはできません。 作成したビルド仕様をLabVIEWランタイムエンジンで実行する場合は、ビルド仕様のVIで「ビルド」VIを使用しないでください。

プルダウンメニューを使用してこのVIのインスタンスを選択してください。

ビルド (パス)

プロジェクトへのパスには、ビルド仕様が含まれているLabVIEWプロジェクトファイル(.lvproj)の完全パスを指定します。
ビルド仕様の名前は、ビルド仕様の名前を指定します。 この名前は、ビルドするビルド仕様を指定し、プロジェクトエクスプローラウィンドウのビルド仕様の下に表示されます。 ビルド仕様の名前は、ビルド仕様プロパティダイアログボックスの情報ページのビルド仕様名テキストボックスで変更できます。

特定のビルド仕様を指定しないと、指定されたターゲットにあるすべてのビルド仕様がビルドされます。
ターゲット名には、ビルド仕様が格納されているターゲットを指定します。 デフォルトのターゲットは、マイコンピュータです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
生成されたファイルは、生成されたビルドファイルへのパスを指定します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

ビルド(プロジェクトリファレンス)

プロジェクトリファレンスには、ビルド仕様が格納されているLabVIEWプロジェクト(.lvproj)のリファレンスを指定します。
ビルド仕様の名前は、ビルド仕様の名前を指定します。 この名前は、ビルドするビルド仕様を指定し、プロジェクトエクスプローラウィンドウのビルド仕様の下に表示されます。 ビルド仕様の名前は、ビルド仕様プロパティダイアログボックスの情報ページのビルド仕様名テキストボックスで変更できます。

特定のビルド仕様を指定しないと、指定されたターゲットにあるすべてのビルド仕様がビルドされます。
ターゲット名には、ビルド仕様が格納されているターゲットを指定します。 デフォルトのターゲットは、マイコンピュータです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
プロジェクトリファレンスは、ビルド仕様が格納されているLabVIEWプロジェクトのリファレンスを返します。
生成されたファイルは、生成されたビルドファイルへのパスを指定します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった