バンドル 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: クラスタ、クラス、バリアントVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

個々の要素からクラスタを作成します。

また、この関数を使用して、すべての要素に対して新規値を指定せずに、既存のクラスタの個々の要素の値を変更できます。 この操作を行うには、この関数の中央のクラスタ端子に変更するクラスタを配線します。 この関数にクラスタを配線すると、関数は自動的にサイズ変更されて、クラスタの各要素の入力が表示されます。 コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  

クラスタは、変更する値が含まれるクラスタです。 この入力を配線しない場合、関数はクラスタを作成します。 クラスタを配線する場合、「バンドル」関数はクラスタの要素を要素0..n-1に置換します。 クラスタを配線する場合、入力端子の数は入力クラスタ内の要素数と一致しなければなりません。
要素 0..n-1は任意のデータタイプを受け付けます。
出力クラスタは結果として出力されるクラスタです。

バンドルの詳細

この関数をサイズ変更して、新規のクラスタ内の要素数を示します。 既存のクラスタがクラスタ入力に配線されている場合、この関数はサイズ変更できません。

新規クラスタを作成する際、すべての入力を配線する必要があります。 出力クラスタの要素は、入力要素と同じ順序で表示される必要があります。 この関数の中央の端子に既存のクラスタを配線する場合、入力はオプションです。 LabVIEWは、配線するクラスタ要素のみ置換します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった