名前でバンドル 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: クラスタ、クラス、バリアントVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

1つまたは複数のクラスタ要素を置き換えます。 この関数は、クラスタ内の位置ではなく、名前でクラスタ要素を示します。

ノードを入力クラスタに配線した後、名前端子を右クリックして、ショートカットメニューから要素を選択します。 また、操作ツールを使用して、名前端子をクリックして、クラスタ要素のリストから選択することもできます。 コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  

入力クラスタは、置き換えする要素が含まれているクラスタです。 入力クラスタの最低1つの要素に付属ラベルがある必要があります。 入力クラスタ端末は配線する必要があります。
要素0..m-1は、名前で置換する入力クラスタの要素です。 付属ラベルを持つ要素のみを置き換えられます。 名前端子をクリックし、ショートカットメニューから名前を選択して、正しい要素0..m-1を選択します。
出力クラスタは結果として出力されるクラスタです。

名前でバンドルの詳細

「名前でバンドル」関数を使用する場合、関数をダブルクリックして、フルネームを表示を選択して、ネストされたクラスタの要素に要素名と所有クラスタの両方を表示できます。 これは、ネストされたクラスタの要素名が同じ、または類似している場合に役に立ちます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった