リファレンス呼び出し (ノード)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: アプリケーション制御VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

リファレンスで指定したVIを呼び出します。 リファレンスVIはタイプ指定リファレンスでなければなりません。

詳細  

リファレンスは、すでに開いているVIに関連付けられたrefnumです。 リファレンスはタイプ指定VIリファレンスでなければなりません。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
リファレンス出力は、未変更のリファレンスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

リファレンス呼び出しの詳細

リファレンス呼び出しノードおよびサブVIノードの両方はVIを呼び出します。 リファレンス呼び出しノードを使用して、タイプ指定リファレンス入力のコネクタペーンと一致するコネクタペーンを持つVIを動的に呼び出すことができます。 「VIリファレンスを開く」関数を使用して、タイプ指定リファレンスを取得します。 サブVIノードでは、ダイアグラムにサブVIノードを配置する際に静的に決定される特定のVIの呼び出しのみが可能です。

インタフェースの詳細

このノードのインタフェースには次の機能が含まれます。
  • ターゲットVIの入出力へのアクセス―リファレンス呼び出しノードのリファレンス入力にタイプ指定VIリファレンスを配線すると、ノードはリファレンスVIのコネクタペーンを表示します。 コネクタペーンの入力端子にデータを配線して、呼び出されたVIにデータを渡します。 呼び出されたVIが返すデータにアクセスするには、コネクタペーンの出力端子を使用します。
  • 配線されたリファレンス呼び出しノードのコネクタペーンの変更リファレンス入力変更後に、リファレンス呼び出しノードに強制的に別のコネクタペーンを表示させるには、ノードを右クリックしてショートカットメニューからリファレンス入力に適応を選択します。

実行の詳細

このノードは以下のように動作します。
  • 同期実行―リファレンス呼び出しノードは、多くのブロックダイアグラムオブジェクトと同様、ターゲットVIの実行が完了するまで出力ワイヤにデータフローが連続して出力されないように非同期で実行されます。 呼び出されたVIの外にあるブロックダイアグラムの実行中にターゲットVIを非同期実行するには、代わりに非同期呼び出しを開始ノードを使用します。
  • VIのダイナミック呼び出しで生じるパフォーマンスのオーバーヘッド―ローカルアプリケーションインスタンスのリファレンスでVIを呼び出した場合に生じるオーバーヘッドは、サブVIノードの使用によって生じるオーバーヘッドと比較すれば無視できる程度です。 リモートアプリケーションインスタンスのリファレンスでVIを呼び出すと、オーバーヘッドは著しく増加します。

VIを呼び出すその他の方法

以下の状況でVIを動的に呼び出す場合、リファレンス呼び出しノードの使用は最適ではありません。
  • 非同期実行―ターゲットVIを非同期で呼び出すには、リファレンス呼び出しノードではなく非同期呼び出しを開始ノードを使用します。
  • ターゲットVIのフロントパネルをVIを実行することなく開く―ターゲットVIのフロントパネルをVIを実行することなく開くには、リファレンス呼び出しノードの代わりにフロントパネル:開くメソッドを使用します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった