ケースストラクチャ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ストラクチャ

インストールパッケージ: ベース開発システム

1つまたは複数のサブダイアグラム (ケース) が含まれ、ストラクチャの実行時に、そのうちの1つが実行されます。 実行されるケースは、ケースセレクタに配線された値によって決まります。

ケースストラクチャの構成要素

セレクタラベル―関連付けられたケースが実行されるための値を表示します。 単一値または値の範囲を指定できます。 セレクタラベルを使用してデフォルトケースを指定することもできます。
サブダイアグラム (ケース) ―セレクタ端子に配線された値がケースセレクタラベルの値VIと一致したときに実行されるコードを格納します。 サブダイアグラムの数または順序を変更するには、ケースストラクチャの枠を右クリックして適切なオプションを選択します。
ケースセレクタ―入力データの値に基づいて実行するケースを選択します。 入力データには、ブール、文字列、整数、列挙体、またはエラークラスタが可能です。 ケースセレクタに配線されたデータタイプにより、セレクタラベルに入力できるケースが決まります。

ケースストラクチャを構成する

ケースストラクチャの構成を変更する

ケースストラクチャのトラブルシューティング

サンプル

ケースストラクチャの使用サンプルは、labview\examples\Structures\Case StructureディレクトリにあるCase Structure - Selector Data Types VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった