From 9:00 AM - 12:00 PM CDT on Saturday, June 6th, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.

タグ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

要件: ベース開発システム

タグチャンネルを使用し、複数の書き込みおよび/または読み取りの間で単一の値を共有します。 値の共有は、グローバルまたはネットワークシェア変数と似ています。 書き込みエンドポイントがチャンネルに値を書き込むたびに、その値はチャンネル内の既存の値を上書きし、読み取りエンドポイントは常に最新値を読み取ります。

エンドポイント説明
スケジュールで書き込みスケジュールされた時間にタグチャンネルに値を書き込みます。
スケジュールで読み取りスケジュールされた時間にタグチャンネルから値を読み取ります。
書き込みタグチャンネルに値を書き込みます。
中断付き書き込みタグチャンネルに値を書き込むか、チャンネルを中断させます。 このエンドポイントは、中断入力と中断された?出力が付いている以外は書き込みエンドポイントと同じです。 タグチャンネルの中断機能を使用すると、チャンネルバッファに残っているデータを無視して、即時にチャンネルを閉じることができます。 このエンドポイントは、中断付き読み取りエンドポイントと併せて使用する必要があります。
中断付き読み取りタグチャンネルから値を読み取るか、チャンネルを中断させます。 このエンドポイントは、中断入力と中断された?出力が付いている以外は読み取りエンドポイントと同じです。 タグチャンネルの中断機能を使用すると、チャンネルバッファに残っているデータを無視して、即時にチャンネルを閉じることができます。 このエンドポイントは、中断付き書き込みエンドポイントと併せて使用する必要があります。
読み取りタグチャンネルから値を読み取ります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった