ファイルまたはフォルダが既存するかチェック VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ディスク上の指定されたパスでファイルまたはフォルダがあるかどうかを確認します。 このVIは、LLBファイルのファイルと同様に標準ファイルとフォルダに対応します。

パスは、LabVIEWで検索するファイルまたはフォルダのパスを指定します。 このVIを使用してネットワークパスの有効性をチェックする場合は、最初にネットワークに接続していることを確認してください。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
複製パスは、未変更のパスを返します。
既存するファイルまたはフォルダ?は、パスで指定するファイルまたはフォルダがディスク上に存在する場合はTRUE、パスで指定するファイルまたはフォルダがディスク上に存在しない場合はFALSEになります。 パスに空パスを配線すると、空パスはコンピュータに割り当てられたドライブのリストを参照するため、既存するファイルまたはフォルダ?はTRUEを返します。 (macOS) 空パスは、マウントされたボリュームを参照します。 (Linux)空パスはルートディレクトリを参照します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった