クラス指定子定数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: アプリケーション制御VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

出力のクラスを選択します。

また、制御器refnum制御器または端子からクラス指定子定数を作成することもできます。

クラスブラウザウィンドウを使用して、一部のVIサーバクラスのクラス指定子定数を作成できます。

この定数は、「より特定のクラスに変換」または「より一般的なクラスに変換」関数で使用します。 定数の値は常にNot A Refnumであるため、この定数はプロパティノードの入力に配線できません。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった