条件無効ストラクチャ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: ストラクチャ

インストールパッケージ: ベース開発システム

1つまたは複数のサブダイアグラムがあり、そのサブダイアグラムの条件構成に応じて、そのうち1つだけが実行中にLabVIEWによって使用されます。 一部のユーザ定義条件に基づいてブロックダイアグラム上でコードの特定セクションを無効にする場合は、このストラクチャを使用します。 サブダイアグラムの追加および削除を行うには、ストラクチャの枠を右クリックします。 サブダイアグラムを追加したとき、またはストラクチャの枠を右クリックしてショートカットメニューからこのサブダイアグラムの条件を編集を選択したとき、条件を構成するための条件を構成ダイアログボックスが開きます。

条件は、定義済みの記号またはカスタム記号を使用して構成できます。

条件無効ストラクチャを作成すると、そのサブダイアグラムを追加、複製並べ替え、または削除できます。 使用可能なサブダイアグラム間をスクロールするには、セレクタラベルの増分/減分矢印をクリックします。 ストラクチャ内にあるオブジェクトを削除せずにストラクチャを削除することもできます。

条件無効ストラクチャを使用すると、ユーザが定義した条件に基づいて、ブロックダイアグラムのコードの特定の部分を無効にできます。 コンパイル結果に基づいてブロックダイアグラムのコードの特定の部分を無効にするには、タイプ特化ストラクチャを使用します。 ブロックダイアグラムの一部を無効にするには、ダイアグラム無効ストラクチャを使用します。

タイプ特化またはダイアグラム無効化ストラクチャに切り替えるには、条件無効ストラクチャの枠上で右クリックし、ショートカットメニューからタイプ特化ストラクチャで置換またはダイアグラム無効ストラクチャで置換を選択します。

サンプル

条件無効ストラクチャの使用サンプルは、labview\examples\Structures\Disable StructuresディレクトリにあるConditional Disable Structure VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった