VIサーバリファレンス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: アプリケーション制御VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

デフォルトでは、現在のVIのスタティックVIリファレンスを返します。 ブロックダイアグラムアイコンをクリックして、ショートカットメニューから選択することにより、このリファレンスを、現在のアプリケーション、VIの制御器または表示器、またはペーンのリファレンスを返すように構成できます。 このリファレンスを使用して、関連するVI、アプリケーション、制御器、表示器、またはペーンのプロパティおよびメソッドにアクセスできます。 「VIサーバリファレンス」関数は、常に、完全に認証されたリファレンスを返します。 パスワードセキュリティが懸念される場合は、他のVIにリファレンスを渡す際に注意してください。

また、フロントパネルオブジェクトまたは端子を右クリックして、ショートカットメニューから作成→リファレンスを選択して、VIサーバリファレンスを作成することもできます。

現在のアプリケーションまたはVIにリファレンス定数をリンクするには、ブロックダイアグラムでVIサーバリファレンスをクリックして、このアプリケーションこのVI、またはペーンを選択します。 また、VIサーバリファレンスを右クリックして、ショートカットメニューからリンク先→このアプリケーションリンク先→このVI、またはリンク先→ペーンを選択します。 VI内で制御器または表示器にリファレンスをリンクするには、同じ方法でリファレンスをクリックするか、右クリックして、ショートカットメニューからリンクする制御器または表示器を選択します。

プロパティノードまたはインボークノードを使用して、VIサーバリファレンスを使用する制御器または表示器のプロパティおよびメソッドにアクセスします。

VIサーバリファレンスが制御器または表示器に関連付けられている場合、VIサーバリファレンスを右クリックして、ショートカットメニューから制御器を検索または表示器を検索を選択して、関連する制御器または表示器を検索します。 また、関連するリファレンスを検索するには、右クリックして検索→リファレンスを選択します。 データはVIサーバリファレンスとプロパティノードによって渡すことができますが、別の方法を通してパフォーマンスを改善できます。 VIサーバリファレンスを使用してデータを渡す前に、データを直接書き込むか、代わりにローカルまたはグローバル変数の使用を試みてください。

VIサーバリファレンスを比較するには、リファレンスを比較するを参照してください。

メモ  VIサーバリファレンスを外観VIに配置してこのVIを選択すると、オブジェクトリファレンスはタイプ外観VIのリファレンスを返します。

サンプル

VIサーバリファレンスの使用サンプルは、labview\examples\Application Control\VI Server\Control ReferencesディレクトリにあるControl References VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった