コピー 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ソースパスで指定するファイルまたはディレクトリをターゲットパスで指定する位置にコピーします。 ディレクトリをコピーする場合、この関数はすべての内容を再帰的に新規の位置にコピーします。 この関数を使用して、ファイルをLLBへコピーしたりLLBからコピーすることはできません。

詳細  

プロンプトは、ファイルダイアログボックスのファイルとディレクトリ、または、フォルダリストの下に表示されるメッセージです。
ソースパスは、処理するファイルまたはディレクトリの絶対パスを指定します。 空パスまたは相対パスを指定すると、この関数はエラーを返します。
ターゲットパスは、処理するファイルまたはディレクトリの新規の絶対パス(新規ファイル名またはフォルダ名を含む)です。 ターゲットパスが空(デフォルト)の場合、この関数はファイルまたはフォルダを選択するダイアログボックスを表示します。 空パスまたは相対パスを指定すると、この関数はエラーを返します。 キャンセルされたは、ダイアログボックスをキャンセルするとTRUEになります。
上書きは、関数によってターゲットパスにある既存のファイルまたはフォルダが上書きされるかどうかを指定します。 固有なファイルを含むフォルダを上書きすると、LabVIEWはこれらのファイルを新規フォルダに移動します。 (macOSおよびLinux) このパラメータをTRUEに設定してもLabVIEWは読み取り専用ファイルを上書きしません。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
新規パスは、ファイルまたはディレクトリの新しい位置を指定します。 この処理が不成功の場合、この関数は新規パス<無効パス>に設定します。
キャンセルされたは、ファイルダイアログボックスをキャンセルするとTRUEになります。 それ以外は、関数がエラーを返した場合でもキャンセルされたがFALSEになります。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

コピーの詳細

この関数は元のファイルまたはディレクトリをコピーして、ターゲットパスの最後の要素に指定する名前でコピーの名前を変更します。 ターゲットパスが既存ファイルのパスの場合、この関数は重複パスエラーを返します。 ターゲットパスが既存ディレクトリのパスの場合、関数は元のファイルまたはディレクトリ名を使用して、新規ファイルまたはディレクトリを既存ディレクトリ内に配置します。

たとえば、ディレクトリc:\appd:\app2にコピーした場合、関数はc:\appと同じコンテンツの新規ディレクトリd:\app2を作成します。 2回目にディレクトリをコピーする場合、関数は新規サブディレクトリd:\app2\appを作成して、この場所にappのコンテンツを配置します。 3回目にディレクトリをコピーすると、関数は重複パスエラーを返します。

また、この関数は、指定された親ディレクトリが有効でない場合など、ターゲットパスが無効パスな場合エラーを返します。

メモ  この関数は、ファイルをコピーまたは移動する際ファイルの拡張子 (例 .txt) をファイル名に自動的には追加しません。 ターゲットパスで指定する新規のファイル名の一部として明示的に拡張子を含む必要があります。

ターゲットパスで指定したファイルまたはディレクトリへの書き込み権限がない場合、この関数はファイルまたはディレクトリをコピーせずに、エラーを返します。 「権限を設定」関数を使用して、ファイルまたはディレクトリの権限を設定します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった