増分する接尾辞と一緒にファイルを作成 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ファイルを作成し、指定されたパスにそのファイルが既に存在している場合には、ファイル名の末尾に増分番号を追加します。 ファイルが存在しない場合、このVIはファイル名に増分番号を追加せずにファイルを作成します。

詳細  

形式文字列は、ファイルパスを文字列に変換する方法を指定します。 形式文字列には、必ず1つの十進数の書式コード%d)を含む必要があります。 デフォルトは、「(%d)」です。
ファイルパスは、作成するファイルのパスを指定します。 絶対パスで指定する必要があります。 空パスまたは相対パスを指定すると、このVIはエラーを返します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
バッファを無効は、ファイルをバッファ処理しないで開くかどうかを指定します。 デフォルトはFALSEです。 RAID(Redundant Array of Independent Disks)でデータファイルを読み書きするには、データ転送速度を高めるためにバッファ処理を行わずにファイルを開くことをお勧めします。 バッファを無効にするには、バッファを無効入力にTRUE値を配線します。
メモ  転送するデータ量が小さい場合、バッファ処理を無効にしても違いが見られないことがあります。
(macOSおよびLinux) LabVIEWはこの入力を無視します。
refnum出力は、このVIが作成するファイルのリファレンス番号を返します。
実際のパスは、このVIが作成するファイルのパスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

増分する接尾辞と一緒にファイルを作成の詳細

次の表に、このVIで形式文字列を使用してファイルパスを変換して、実際のパスを返す方法の例を示します。

形式文字列 ファイルパス 実際のパス 説明
" (%d)" C:\test.txt C:\test (1).txt 形式文字列の指定に%dを使用すると、ファイル名の末尾 (ピリオドの前) に1から順番に増分する番号が追加されます。
"%4d" C:\test.txt C:\test   1.txt 形式文字列の指定に4と使用すると、ファイル名の接尾辞 (ピリオドの前) の幅が4桁になります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった