データログ関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

データログ関数を使用して、データログファイルの開閉、データログファイルのデータの読み取りや書き込み、データログファイルの場所やデータログレコード数の取得と設定を行います。

パレットオブジェクト説明
データログを開く/作成/置換既存のデータログファイルを開いて、プログラムまたは対話形式で新規データログファイルを作成したり、既存データログファイルを置換します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
データログを書き込むRefnumによって指定された、開かれているデータログファイルにレコードを書き込みます。 現在のデータログの位置は、書き込み前にファイルの末尾に設定されます。
データログを読み取るRefnumによって指定された、開かれているデータログファイルからレコードを読み取り、レコードに返します。 読み取りは、現在のデータログ位置で開始されます。 ファイル内で現在のデータログの位置を移動するには、「データログ位置を設定」関数を使用します。
データログ位置を取得Refnumによって指定されたデータログファイルの現在のデータログ位置を返します。
データログ位置を設定Refnumによって指定されたファイルの現在のデータログ位置を、基点のモードに従って、オフセット (レコード) によって指定された位置に移動します。
ファイルを閉じるRefnumで指定された開かれたファイルを閉じて、そのRefnumに関連したファイルへのパスを返します。
レコード数を取得Refnumによって指定されたデータログファイルのレコードのサイズを返します。
レコード数を設定Refnumによって指定されたデータログファイルのレコードのサイズを設定します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった