削除 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

パスによって指定されたファイルまたはディレクトリを削除します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。

詳細  

プロンプトは、ファイルダイアログボックスのファイルとディレクトリ、または、フォルダリストの下に表示されるメッセージです。
パスは、削除するファイルまたはディレクトリの絶対パスを指定します。 パスが空(デフォルト)の場合、この関数はファイルまたはディレクトリを選択するダイアログボックスを表示します。 空パスまたは相対パスを指定すると、この関数はエラーを返します。 キャンセルされたは、ダイアログボックスをキャンセルするとTRUEになります。
階層全体は、この関数によってフォルダの内容がすべて削除されるかどうかを指定します。 デフォルトはFALSEです。 階層全体がTRUEの場合、関数によって指定されたパスにあるすべてのファイルとフォルダが削除されます。
確認がTRUEの場合、関数によって削除の確定を求めるダイアログボックスが表示されます。 デフォルトはFALSEです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
削除されたパスは、削除されたファイルまたはフォルダのパスです。 削除されたパスは、エラーが発生すると<無効パス>を返します。
キャンセルされたは、ファイルダイアログボックスをキャンセルするとTRUEになります。 それ以外は、関数がエラーを返した場合でもキャンセルされたがFALSEになります。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

削除の詳細

パスが空でないディレクトリを指定しているか、パスによって指定されたファイルまたはディレクトリとその親ディレクトリに書き込み権限がない場合、この関数はディレクトリを削除せずにエラーを返します。 階層全体をTRUEに設定して、空でないディレクトリを削除するように関数を設定します。 「権限を設定」関数を使用して、ファイルまたはディレクトリの権限を設定します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった