ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: プログラミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数を使用して、ユーザによる操作を促すダイアログボックスを作成します。

パレットオブジェクト説明
1ボタンダイアログメッセージと1つのボタンを含むダイアログボックスを表示します。
2ボタンダイアログメッセージと2つのボタンを含むダイアログボックスを表示します。
3ボタンダイアログメッセージと3つのボタンを含むダイアログボックスを表示します。
エラークラスタ定数エラークラスタ定数を使用して、ブロックダイアグラムにエラークラスタを渡します。 この値を設定するには、操作ツールで定数の内部をクリックして、状態、コード、ソース要素の値を指定します。
エラークリアエラーステータスをエラーなし、コードを0、ソースを空文字列にリセットします。 エラーを無視する場合にこのVIを使用します。 このVIは、デフォルトですべてのエラーを無視します。 特定のエラーだけを無視したい場合は、クリアする特定のエラーコードにエラーコード値を配線してください。
エラーコードからエラークラスタエラーまたは警告コードをエラークラスタに変換します。 このVIは、共有ライブラリ呼び出しからの戻り値を受信する場合、またはユーザ定義エラーコードを返す場合に役立ちます。
エラーリングエラーリングを使用すると、NIエラーコードまたはカスタムエラーコードを迅速に選択してVI全体に伝達できます。
エラー結合異なる関数のエラー入出力クラスタを結合します。
カラーボックス定数カラーボックス定数を使用して、ブロックダイアグラムに定数の色の値を提供します。
システムログに書き込む保管および後で確認するために、nierrlogシステムログにメッセージを書き込みます。
シンプルエラー処理エラーが発生したかどうかを示します。 エラーが発生すると、このVIはエラーの記述を返し、オプションでダイアログボックスを表示します。
フロントパネルアクティビティを待機関数が監視対象のフロントパネルでのアクティビティを検出するまで、実行モードの発呼者VIのブロックダイアグラムの実行を一時停止します。
フロントパネルアクティビティ生成「フロントパネルアクティビティを待機」関数によって中断されたVIの実行が続行されるように、フロントパネルアクティビティをプログラム的に生成します。 フロントパネルでは実際の変更は生じません。
ユーザにメッセージを表示警告やメッセージを含む標準のダイアログボックスを表示します。
ユーザ入力プロンプトユーザ名、パスワードなど、入力情報を表示する標準のダイアログボックスを表示します。
リストボックス記号リング定数リストボックス記号リング定数内の項目に倍長整数を割り当てます。
一般エラー処理エラーが発生したかどうかを示します。 エラーが発生すると、このVIはエラーの記述を返し、オプションでダイアログボックスを表示します。
第1エラー検索数値エラーコードを出力として生成する、1つまたは複数の低レベル関数またはサブVIのエラー状態をテストします。


サブパレット説明
イベント関数イベント関数を使用して、イベントをダイナミック登録したり、ユーザイベントを作成したりします。
カーソルVIカーソルVIを使用して、VIのフロントパネル上でカーソルの外観を変更します。 たとえば、VIがデータの集録中または解析中にユーザ入力を受け入れない場合にカーソルが砂時計または時計になるように変更します。 VIがデータの集録や解析を終了してユーザ入力を受け入れるようになると、変更したカーソル外観をデフォルトに戻すことができます。
ヘルプVIおよび関数ヘルプVIおよび関数を使用して、VIからHTMLファイルまたはコンパイル済みのヘルプファイルへリンクします。
メニュー関数メニュー関数を使用して、LabVIEWアプリケーションでメニューを変更します。 パレットの最上段の行にある関数を使用して、メニュー選択を処理します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった