XMLパーサーVIおよびノード



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: XML VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

XMLパーサーを使用してXMLドキュメントを処理するには、XMLパーサーVIおよびノードを使用します。

LabVIEWでのXMLパーサは、DOM(ドキュメントオブジェクトモデル)を使用するXerces 2.7パーサーです。

このパレットにあるVIおよびノードは、XMLパーサーエラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
XMLをロードXMLファイルを開いて、スキーマまたはDTD (ドキュメントタイプ定義) に対してファイルを検証するように、XMLパーサーを構成します。

XMLパーサークラスを使用した後は、「閉じる」VIを使用してすべてのリファレンスを閉じることをお勧めします。
XMLを保存XMLドキュメントを保存します。
インボークノード (XML)XMLリファレンスでメソッドまたは動作を呼び出します。 ノードは、標準のインボークノードと同様に動作します。
ノードのテキスト内容を取得ノード入力ノードが所有するText_Nodeの子を組み合わせた値を返します。
プロパティノード (XML)XMLリファレンスを取得 (読み取り) または設定 (書き込み) します。 このノードは、標準のプロパティノードと同様に動作します。

XMLパーサークラスを使用した後は、「閉じる」VIを使用してすべてのリファレンスを閉じることをお勧めします。
一致するノードをすべて取得ノード入力XPath表現に一致するすべてのノードを返します。
一致する最初のノードを取得ノード入力XPath表現に一致する最初のノードを返します。 このVIが一致を検索しない場合、ノード結果は有効なrefnumではありません。
最初の子ノードを取得 (非テキスト)Text_Nodeタイプでないノード入力の最初の子を返します。
次の兄弟ノードを取得 (非テキスト)Text_Nodeタイプでないノード入力の最初の兄弟を返します。
新規XMLLabVIEWでXMLパーサーセッションを返します。 新規のXMLパーサーセッションを作成するたびに、このVIを使用します。
閉じるすべてのXMLパーサークラスのリファレンスを閉じます。 この多態性VIを使用して、指名ノードマップクラス、ノードリストクラス、実装クラス、ノードクラスのいずれかのrefnumを閉じることができます。 ノードクラスは他のすべてのXMLクラスを含みます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった