イベントストラクチャ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: ストラクチャ

インストールパッケージ: ベース開発システム

イベントが発生するまで待機して、そのイベントを処理する適切なケースを実行します。 イベントストラクチャには1つまたは複数のサブダイアグラム(またはイベントケース)があり、イベントの処理を実行するときに、そのいずれかが実行されます。 このストラクチャは、イベント通知を待つ間にタイムアウトできます。 イベントストラクチャの左上にあるタイムアウト端子に値を配線して、イベントストラクチャがイベントの発生を待機する時間(ミリ秒)を指定します。 デフォルトは-1で、「タイムアウトしない」です。

1つのイベントケースを複数のイベントを処理するように構成することはできますが、一度に発生できるのはイベントケース内のこれらのイベントの1つのみです。 複数のイベントを処理するには、イベントストラクチャをWhileループの外側に配置する必要があります。

イベントストラクチャ内にある1つのケースで、通知イベントとフィルタイベントの両方を処理することはできません。 ケースは複数の通知イベントを処理できますが、すべてのイベントのイベントデータ項目がまったく同じである場合のみ、複数のフィルタイベントを処理できます。 特定のオブジェクトに関する同じ通知イベントまたはフィルタイベントに応答するために、複数のイベントストラクチャを構成できます。

処理するイベントストラクチャのイベントを構成する前に、LabVIEWでイベントを使用する際の注意とアドバイスを参照してください。

イベントストラクチャの構成要素

以下の例は、イベントストラクチャのキーダウン?イベントケースを表示しています。

イベントセレクタラベルは、現在表示されているケースを実行するイベントを指定します。 他のイベントケースを表示するには、ケース名の横にある下矢印をクリックします。
タイムアウト端子は、イベントがタイムアウトするまで待機するミリ秒数を指定します。 値をタイムアウト端子に配線した場合、エラーにならないように、タイムアウトイベントケースを指定する必要があります。
ダイナミックイベント端子は、ダイナミックなイベント登録用の.イベント登録refnumまたはそのクラスタを受け入れます。 内側の右側端子を配線した場合、その端子のデータは左側端子とは同じでなくなります。 イベント登録Refnumまたはそのクラスタを「イベント登録」関数を介して内側の右側端子に配線し、イベントを動的に変更できます。 イベントストラクチャをどのパレットから選択したかによって、デフォルトではダイナミックイベント端子が表示されない場合があります。 これらの端子を表示するには、イベントストラクチャを右クリックして、ショートカットメニューからダイナミックなイベント端子を表示を選択します。
イベントデータノードは、イベント発生時にLabVIEWが返すデータを認識します。 「名前でバンドル解除」関数と同様、ノードのサイズを縦に広げて、必要な項目を選択できます。 イベントデータノードを使用して、タイプ時間など、全イベントに共通のイベントデータ要素にアクセスできます。 文字VKeyなどのイベントデータ要素は、構成するイベントに依存します。
メモ  イベントデータ要素の詳細については、「制御器」、「アプリケーション」、「ペーン」、「VI」の各イベントクラストピックの「詳細」リンクをクリックしてください。
イベントフィルタノードは、ユーザインタフェースがそのデータを処理できる前に、変更可能なイベントデータを識別します。 このノードは、フィルタイベントを処理するイベントストラクチャケースに表示されます。 イベントデータを変更する場合は、データ項目を配線してイベントデータノードからイベントフィルタノードに変更します。 新しい値をノード端子に配線することによって、イベントデータを変更することもできます。 イベントを完全に破棄するには、破棄?端子にTRUE値を配線します。 値をイベントフィルタノードのデータ項目に配線していないと、そのデータ項目は変更されません。
イベントストラクチャでも、ケースストラクチャと同様にトンネルを使用できます。 ただし、デフォルトでは、各ケースに対してイベントストラクチャの出力トンネルを配線する必要はありません。 未配線のすべてのトンネルは、そのトンネルデータタイプのデフォルト値を使用します。 トンネルを右クリックして、ショートカットメニューで未配線の場合はデフォルトを使用を選択解除すると、すべてのケースでトンネルを配線する必要があるデフォルトのケースストラクチャの動作に戻ります。 また、未配線のケースでは自動的に入力トンネルと出力トンネルを配線するようにトンネルを構成することもできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった