フィードバックノード



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ストラクチャ

インストールパッケージ: ベース開発システム

VI実行またはループ反復のデータを次の実行または反復に格納します。

フィードバックノードは、フィードバック制御理論およびデジタル信号処理のz-1ブロックと同様です。 フィードバックノードを右クリックし、ショートカットメニューからZ変換表示を選択すると、フィードバックノードをz-1ブロックに似た外観に変更できます。 外観をZ変換表示に変更しても、以下のようにフィードバックノードの装飾的な外観のみが変更されます。

初回のブロックダイアグラムの実行または反復では、フィードバックノードは初期化端子に配線された値を初期値として使用します。 初期化端子に値を配線しない場合、フィードバックノードはデータタイプに対してデフォルト値を使用します。 その後、フィードバックノードは前回の反復の結果を保存します。

フィードバックループは、有効化端子を使用して、有効と無効を切り替えることができます。 有効化端子をTRUEに設定すると、フィードバックノードはプロパティダイアログボックスまたはノードのショートカットメニューで構成したとおりに実行されます。 有効化端子がFALSEの場合、フィードバックノードは有効化端子がTRUEに設定されていた時の最後の実行または反復の値を返します。 フィードバックノードは、有効化端子がTRUEに変更された後の実行または反復まで、この値を返し続けます。

フィードバックノードは、デフォルトでは前回の実行または反復のデータだけを保存します。 ただし、複数の実行または反復でノードの出力を遅らせて、n サンプルのデータを保存するようにフィードバックノードを構成できます。 遅延を1回を超える実行または反復に増やすと、フィードバックノードは指定した遅延が完了するまで初期値のみを出力します。 その後、フィードバックノードはその後に格納された値の出力を開始します。 ノードの数字は指定した遅延数を表しています。

メモ  複数の実行または反復に遅延を設定した場合、配列を初期化端子に配線して、各遅延要素を任意の値に初期化できます。

このノードは、サブVI、関数、またはサブVIおよび関数のグループの出力を同じVI、関数、またはグループの入力に配線すると自動的に表示されます。 ループでは、フィードバックノードを右クリックしてショートカットメニューからシフトレジスタと置換を選択してシフトレジスタに変更できます。 また、シフトレジスタをフィードバックノードに置換することもできます。

サンプル

フィードバックノードの使用サンプルは、labview\examples\Structures\Feedback NodeディレクトリにあるFeedback Node - Building an Array VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった