ファイル定数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: ファイルI/O VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

ファイルI/OVIおよび関数で、ファイル定数を使用します。

パレットオブジェクト説明
VIライブラリ現在のコンピュータ上のアプリケーションインスタンスのVIライブラリディレクトリへのパスを返します。
アプリケーションディレクトリアプリケーションのディレクトリのパスを返す
システムディレクトリを取得システムディレクトリタイプ入力で指定されたシステムディレクトリを返します。
デフォルトディレクトリデフォルトディレクトリへのパスを返します。
デフォルトデータディレクトリVIまたは関数が生成したデータを格納するように構成したディレクトリを返します。
パス定数この関数を使用して、ブロックダイアグラムにパス定数の値を提供します。
一時ディレクトリ一時ディレクトリのパスを返します。
空パス定数空のパスを返します。
現在のVIのパス現在のVIのファイルのパスを返します。 VIが一度も保存されていない場合、この関数は<無効パス>を返します。
非refnum定数値が非refnumのrefnumを返します。 エラーが発生する際、このrefnumはストラクチャおよびサブVIからの出力として使用できます。
無効パス定数値が<無効パス>のパスを返します。 エラーが発生する際パスを返したくない場合、このパスをストラクチャおよびサブVIからの出力として使用できます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった