ファイルダイアログ Express VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ファイルまたはディレクトリを指定できるダイアログボックスを表示します。

このダイアログボックスを使用すると、既存のファイルまたはディレクトリを選択したり、新規のファイルまたはディレクトリの位置および名前を選択できます。

(macOS) このVIは、macOS特有のファイルのデフォルトアプリケーションの指定方法を認識しません。 ただし、パターン入力を使用して、ファイル名に拡張子を含むファイルのファイルタイプを指定できます。

ダイアログボックスオプション
ブロックダイアグラム入力
ブロックダイアグラム出力

ダイアログボックスオプション

パラメータ説明
単一項目選択に制限ユーザは1つまたは複数のファイルを選択できます。 このオプションの選択を解除すると、ユーザが選択可能なファイルまたはフォルダタイプのオプションが淡色表示されます。
  • ファイルまたはフォルダ—次のオプションがあります。
    • ファイル―ユーザはファイルのみ選択できます。
    • フォルダ―ユーザはフォルダのみ選択できます。
    • ファイルまたはフォルダ―ファイルまたはフォルダのいずれかを選択できます。
  • 新規または既存—次のオプションがあります。
    • 既存―ユーザは既存のファイルまたはフォルダのみ選択できます。
    • 新規―ユーザは新規のファイルまたはフォルダ名のみ入力できます。
    • 新規または既存―ユーザは既存のファイルまたはフォルダを選択する、または新規のファイルまたはフォルダを作成できます。
llbおよびlvlibp内にあるファイルの選択を許可LLBまたはパックライブラリからファイルを選択できるように指定します。 このチェックボックスがオフの場合、LLBまたはパックライブラリを選択することは可能ですが、LLBまたはパックライブラリ内のファイルを選択することはできません。
メモ  「ファイルダイアログ」Express VIを使用してLLBまたはパックライブラリを選択するには、llbおよびlvlibp内にあるファイルの選択を許可チェックボックスをオフにし、ファイルダイアログボックスでLLBまたはパックライブラリを選択します。 または、llbおよびlvlibp内にあるファイルの選択を許可チェックボックスをオンにし、ファイルまたはフォルダオプションボタンを選択し、ファイルダイアログボックスでLLBまたはパックライブラリを選択して、表示される2番目のファイルダイアログボックスのファイルリストから2番目のフォルダアイコンを選択します。
新規または既存次のオプションがあります。
  • 既存―ユーザは既存のファイルまたはフォルダのみ選択できます。
  • 新規―ユーザは新規のファイルまたはフォルダ名のみ入力できます。
  • 新規または既存―ユーザは既存のファイルまたはフォルダを選択する、または新規のファイルまたはフォルダを作成できます。

ブロックダイアグラム入力

パラメータ説明
ボタンラベルファイルダイアログボックスにあるOKまたは現在のディレクトリボタンに表示するラベルです。 Express VIでユーザがディレクトリを選択できるように設定している場合は、この入力を使用して現在のディレクトリボタンのラベルを指定します。 ユーザがディレクトリを選択できないよう設定している場合は、この入力を使用して、OKボタンのラベルを指定します。 たとえば、構成ダイアログボックスでファイルのみを選択する場合、ユーザはデータを追加する既存ファイルを選択する必要があるため、追加ボタンラベルに配線するとよい場合があります。

ボタンラベルがそのボタンの幅よりも長い場合、ファイルダイアログボックスはラベル全体を表示しません。 たとえば、英語バージョンのWindowsでは、ボタンは約11文字の幅になります。
デフォルト名初期ファイル名またはディレクトリ名としてダイアログボックスに表示される名前です。 デフォルトは空の文字列です。
エラー入力このノードの実行前に発生したエラーの状態を示します。
パターン (すべてのファイル)ダイアログボックスに表示されるファイルを名前がパターン (すべてのファイル) に一致するファイルに制限します。 パターン (すべてのファイル) は表示されるディレクトリを制限しません。 このVIのパターンマッチングは、WindowsおよびLinuxで使用するファイル名のワイルドカードマッチング法と似ています。 疑問符 (?) またはアスタリスク (*) 以外の文字を指定すると、このVIではそれらの文字が含まれているファイルまたはディレクトリのみを表示します。 疑問符 (?) を指定して、任意の1文字と一致させることができます。 アスタリスク (*) を指定すると、文字がない、または複数の文字のシーケンスと一致させることができます。

たとえば、*.vi;test*.llbパターン (すべてのファイル) は、.viの拡張子のあるファイルのすべて、およびtestで始まるファイル名で.llbの拡張子のあるファイルのすべての一致を返します。

複数のパターンを一致させるには、セミコロン (;) でパターンを区切ります。 空白、タブ、復帰などの空白文字は、文字通りに扱われます。 拡張子パターンの一部でない限り、空白文字は使用しないでください。 たとえば、*.html;*.docを使用した場合、ダイアログボックスに.htmlおよび.docで終了するファイルのすべてが表示されます。 *.html; *.docを使用すると、.htmlで終了するファイルのみがダイアログボックス表示されます。
パターンラベルカスタムパターンの隣にあるファイルダイアログボックスに表示するラベルです。 この入力を配線しない場合、または入力に空文字列が含まれている場合、任意のカスタムパターンの横にあるデフォルトのラベルはカスタムパターンです。 文字列をパターンへ配線しない場合、LabVIEWはこの入力を無視します。
プロンプトファイルダイアログボックスのタイトルとして表示されるカスタムメッセージ。 (WindowsおよびLinux) デフォルトダイアログボックスのタイトルはファイルのパスを選択または入力です。 (macOS) デフォルトのダイアログボックスはファイルを選択または新規ファイルを作成です。
開始パスファイルダイアログボックスで、LabVIEWで最初に表示されるディレクトリのパスです。 開始パスは有効でも、既存のディレクトリを基準としていない場合、Lパスが有効なディレクトリパスまたは空のパスになるまで、LabVIEWはパスの末端から名前を削除します。 開始パスが無効または未配線の場合、ファイルダイアログボックスで参照された最後のディレクトリが最初にダイアログボックスに表示されます。

ブロックダイアグラム出力

パラメータ説明
キャンセルされたダイアログボックスをキャンセルすると、TRUEになります。
エラー出力エラー情報が含まれています。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
存在する選択されたパスで特定のファイルまたはディレクトリを指定する場合は、TRUEになります。
選択されたパスこのダイアログボックスを使用して選択されたファイルまたはディレクトリの完全パスです。 ダイアログボックスをキャンセルすると、VIは選択されたパス<無効パス>に設定します。 ファイルダイアログを構成ダイアログボックスの単一項目選択に制限チェックボックスをオンにしない場合、この出力を使用できます。
選択されたパスこのダイアログボックスを使用して、選択されたファイルまたはディレクトリの完全パスの名前を含みます。 ファイルダイアログを構成ダイアログボックスの単一項目選択に制限にチェックマークを付けない場合、この出力は有効です。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった