ファイル/ディレクトリ情報 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

パスで指定されたファイルまたはディレクトリに関する情報を返します。返される情報には、ファイルまたはディレクトリのサイズ、最終変更日、ディレクトリまたはショートカットであるかどうか、ファイルまたはディレクトリがショートカットである場合は解決されたパスであるかどうかなどの情報が含まれます。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

パスは、属性を決定するファイルまたはディレクトリの絶対パスを指定します。 空のパスをパスに配線すると、ディレクトリはTrueを返します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
ディレクトリは、パスがディレクトリを示す場合TRUEとなります。それ以外の場合はFALSEとなります。 空パス定数をパスに配線する場合、ディレクトリはTRUEを返します。
パス出力は、パスをそのまま返します。
サイズは、パスにより指定されたファイルまたはディレクトリのサイズを示します。 パスがディレクトリを指定する場合、サイズはディレクトリ内の項目数を示します。 (Windows) パスが空パスの場合、サイズはコンピュータ上のドライバの数を示します。 (macOSおよびLinux) パスが空パスの場合、サイズはコンピュータ上のドライバの数を示します。 それ以外の場合は、ファイルがデータログファイルまたはバイトストリームファイルであるかに関係なく、サイズは指定されたファイルの長さをバイト単位で示します。
最終修正は、ファイルまたはディレクトリが最後に修正された日付および時間を示します。 数値は、グリニッジ標準時の1904年1月1日金曜日午前0:00(01-01-1904 00:00:00)から経過した秒数であり、時間帯に依存しません。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
解決されたパスはショートカットターゲットのパスを返します。
ショートカットは、パスがショートカットを示す場合TRUEです。それ以外の場合は、FALSEです。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった