ファイルメニュー



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

ファイルメニューには、ファイルを開く、閉じる、保存する、印刷するなど、基本的なファイル操作を実行するための項目が表示されます。 このメニューには、LabVIEWプロジェクトを開く、閉じる、保存、作成するための項目も表示されます。

メモ  メニュー項目の中には、特定のオペレーティングシステムや特定のLabVIEW開発システムにおいてのみ、またプロジェクトエクスプローラウィンドウで項目が選択されているときや、VIが選択されているときにだけ有効になるものがあります。
  • 新規VI―新しいブランクVIを作成します。
  • 新規―アプリケーションの作成に役立つ、LabVIEWで異なるコンポーネントを作成するのに使用できる新規ダイアログボックスを表示します。 この新規ダイアログボックスを使用して、テンプレートから新規コンポーネントを作成することもできます。
  • 開くを選択すると標準のファイルダイアログボックスが開き、ファイルを選択して開くことができます。 (Windows) <Shift>キーまたは<Ctrl>キーを使用して、複数のファイルを選択します。 (macOS) <Shift>キーまたは<Option>キーを押します。 (Linux) <Shift>キーまたは<Alt>キーを押します。 テンプレート(.vitまたは.ctt)を開くと、LabVIEWは、そのファイルを保存する際テンプレートファイルの拡張子を保持します。 新規ダイアログボックスでテンプレートを選択して、既存のテンプレートに基づいて新規VI、制御器、またはグローバル変数を作成します。
  • 閉じるを選択すると、現在のファイルが閉じます。 確認のダイアログボックスが表示され、VIやファイルに追加されたすべての変更を保存するようにプロンプトされます。
  • すべて閉じるを選択すると、開いているすべてのファイルが閉じます。 確認のダイアログボックスで未保存の変更を保存するようにプロンプトされます。
  • すべて閉じる(このプロジェクト)を選択すると、現在開いているプロジェクトのすべての開いているファイルを閉じます。 確認のダイアログボックスで未保存の変更を保存するようにプロンプトされます。
  • 保存を選択すると、現在のファイルが保存されます。 新しいファイルを初めて保存する場合は、ファイルの名前と保存場所の入力を要求するダイアログボックスが表示されます。 また、保存:計測器メソッドを使用して、VIをプログラム的に保存することもできます。
  • 別名で保存を選択すると、現在のファイルのコピーを保存、ファイルの名前を変更、またはVI階層を新しい場所にコピーすることができます。
  • すべて保存を選択すると、プロジェクトおよびライブラリファイルを含むすべての開かれているファイルを保存することができます。
  • すべて保存(このプロジェクト)を選択し、現在開いているプロジェクトのすべての開いているファイルを保存します。
  • 旧バージョン用に保存を選択すると、LabVIEWの旧バージョン用にVIを保存することができます。
  • 復元を選択すると、前回ファイルを保存してから行ったすべての変更が破棄されます。 VIを復元メソッドを使用すると、前回に保存したバージョンのVIにプログラム的に戻ることができます。
  • プロジェクトを作成を選択すると、新規プロジェクトを作成するためのプロジェクトを作成ダイアログボックスが開きます。
  • プロジェクトを開くを選択すると、プロジェクトファイルを参照したり開くことができる標準のファイルダイアログボックスが開きます。
  • プロジェクトを保存を選択すると、現在のプロジェクトが保存されます。 新規プロジェクトを初めて保存する場合は、ファイルの名前と保存場所の入力を要求するダイアログボックスが表示されます。
  • プロジェクトを閉じるを選択すると、現在のプロジェクトとそのプロジェクトに含まれるすべてのファイルが閉じます。 確認のダイアログボックスが表示され、プロジェクトやプロジェクト内のファイルに追加されたすべての変更を保存するようにプロンプトされます。
  • ページ設定を選択すると、印刷するVI、テンプレート、またはオブジェクトのドキュメントの印刷オプションの設定に使用するページ設定ダイアログボックスが表示されます。
  • 印刷を選択すると印刷ダイアログボックスが開き、プリンタでVI、テンプレート、オブジェクトのドキュメントを印刷したり、HTMLRTF、またはテキストドキュメントを生成できます。
  • ウィンドウの印刷を選択すると、フロントパネルまたはブロックダイアグラムを印刷する際に使用できるダイアログボックスが表示されます。 フロントパネルを印刷するには、フロントパネルでメニュー項目を選択します。 ブロックダイアグラムを印刷するには、ブロックダイアグラムでメニュー項目を選択します。 このメニュー項目を選択すると、フロントパネルやブロックダイアグラム全体が印刷されますが、ケースストラクチャ、イベントストラクチャ、またはスタックシーケンスストラクチャの非表示のサブダイアグラムは印刷されません。
  • VIプロパティを選択すると、VIをカスタマイズするために使用するVIプロパティダイアログボックスが表示されます。
  • 最近使ったプロジェクトを選択すると、最近開かれたプロジェクトファイル(.lvproj)が開きます。
  • 最近使ったファイルを選択すると、最近開かれたファイルが開きます。
  • 終了を選択すると、LabVIEWが終了します。 開いているファイルに変更を加えた場合は、アプリケーションが終了する前に、ファイルを保存するか確認するダイアログボックスが表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった