ファイルI/O VIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: プログラミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

ファイルI/O VIおよび関数を使用して、ファイルの開閉、ファイルからの読み取りやファイルへの書き込み、パス制御器で指定するディレクトリやファイルの作成、ディレクトリ情報の回収を行います。また、文字列、数値、配列、クラスタのファイルへの書き込みを行います。

サンプル

このパレットのVIおよび関数を使用して、一般的または特殊なI/O操作を実行できます。 テキストファイルの文字や行、スプレッドシートファイルの数値、バイナリファイルのデータなど、さまざまなデータを読み取りまたは書き込みできます。

ファイルI/Oパレットおよび上級ファイルパレットには、各ファイルI/O操作を制御するための関数が含まれます。 これらの関数を使用して、ファイルを作成する、ファイルを開く、データを読み書きする、またファイルを閉じることができます。 これらの関数は、ディレクトリの作成、ファイルの移動、コピー、削除、ディレクトリコンテンツの一覧表示、ファイル特性の変更、パスの編集にも使用できます。

パレットオブジェクト説明
テキストファイルから読み取るバイトストリームファイルから指定した文字数またはライン数を読み取ります。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
テキストファイルに書き込む文字列または文字列の配列を行としてファイルに書き込みます。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
バイナリファイルから読み取るファイルからバイナリデータを読み取り、そのデータをデータに返します。 データが読み取られる方法は、指定されたファイルの形式により異なります。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
バイナリファイルに書き込むバイナリデータの新規ファイルに書き込み、データを既存ファイルファイルに追加するか、ファイルのコンテンツを置換します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
パスをストリップパスの最後の要素の名前とその要素への取り除かれたパスを返します。
パス作成既存のパスに名前または相対パスを追加することで、新規パスを作成します。
ファイルからスキャン文字列、数値、パス、ブールデータを調べるために、ファイル内のテキストをスキャンして、テキストをデータタイプに変換して、複製されたrefnumと変換された出力をスキャンの順で返します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
ファイルにフォーマット文字列、数値、パス、またはブール値のデータをテキストとしてフォーマットして、テキストをファイルに書き込みます。 ファイル入力にファイルrefnumを配線すると、書き込みはファイルの現在の位置から開始されます。 既存のファイルに追加するには、「ファイル位置を設定」関数を使用して、ファイルを開いて、ファイルの末尾を設定します。 そうでない場合、関数はファイルを開いて、ファイルの先頭から書き込みを開始します。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
ファイルを開く/作成/置換ファイルダイアログボックスを使用して、既存ファイルをプログラム的または対話的に開いたり、新規ファイルを作成したり、既存ファイルを入れ替えたりします。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。
ファイルを閉じるRefnumで指定された開かれたファイルを閉じて、そのRefnumに関連したファイルへのパスを返します。
区切られたスプレッドシートに書き込む文字列、符号付き整数、または倍精度数値の2Dまたは1D配列をテキスト文字列に変換して、その文字列を新規バイトストリームファイルに書き込むか、または既存のファイルに追加します。 2Dデータ入力または1Dデータ入力にデータを配線して、自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。

このVIを使用してデータの転置または区切りを実行します。

メモ  Microsoft Excelでフォーマットするには、LabVIEWでActiveXまたはReport Generationツールキット、Microsoft Office用を使用します。
区切られたスプレッドシートを読み取る指定された文字のオフセットから指定された行または列数の読み取り、そのデータを数値、文字列、または整数の2D倍精度数値の配列に変換します。 使用する多態性インスタンスを手動で選択する必要があります。
計測ファイルから読み取るテキストベースの計測ファイル(.lvmあるいはバイナリ計測ファイル(.tdmまたは.tdmsからデータを読み取ります。
計測ファイルに書き込むテキストベースの計測ファイル(.lvm)、バイナリ計測ファイル(.tdmまたは.tdms)、またはMicrosoft Excelファイル(.xlsx)にデータを書き込みます。


サブパレット説明
TDMストリーミングVIおよび関数Copyright: (c) 2018 National Instruments. All rights reserved.

TDMストリーミングVIおよび関数を使用して、バイナリ計測ファイル(.tdms)に波形と波形プロパティの読み取りおよび書き込みを行います。
XML VIおよび関数XML VIおよび関数を使用して、XMLデータを操作します。
Zip VIZip VIを使用して、新規Zipファイルの作成、既存Zipファイルへのファイルの追加、Zipファイルを閉じる操作を行います。
ストレージ/データプラグインVIストレージ/データプラグインVIを使用して、さまざまなファイル形式の測定データの読み取り、.tdmまたは.tdmsファイルへのデータの書き込み、ローカルコンピュータにインストールされたデータプラグインの管理を行います。 ファイル形式にアクセスするためには、適切なデータプラグインをダウンロードしてそれらをローカルコンピュータに登録する必要があります。 データプラグインのダウンロードについては、ナショナルインスツルメンツのウェブサイト(ni.com/dataplugins)を参照してください。
ファイル定数ファイルI/OVIおよび関数で、ファイル定数を使用します。
構成ファイルVI構成ファイルVIを使用して、プラットフォームに依存しない構成ファイルの作成、変更、および読み取りを行います。
上級ファイルVIおよび関数上級ファイルVIおよび関数を使用して、ファイル、ディレクトリ、およびパスを操作します。

サンプル

ファイルI/O VIおよび関数の使用サンプルは、labview\examples\ArraysディレクトリにあるArray to Spreadsheet String VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった