フラットシーケンスストラクチャ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: ストラクチャ

インストールパッケージ: ベース開発システム

順番に実行される1つ以上のサブダイアグラムまたはフレームで構成されます。 フラットシーケンスストラクチャは、1つのサブダイアグラムを必ず他のサブダイアグラムよりも先または後に実行する必要がある場合に使用します。

フラットシーケンスストラクチャのデータフローは、他のストラクチャのデータフローと異なります。 フレームに配線されているすべてのデータ値が有効な場合、フラットシーケンスストラクチャのフレームは左から右へ実行されます。 フレームの実行が終了するたびに、データは各フレームから移動します。 つまり、1つのフレームの入力は別のフレームの出力により異なります。

フラットシーケンスストラクチャでは、スタックシーケンスストラクチャとは異なり、フレーム間でのデータの受け渡しにシーケンスローカルを使用する必要はありません。 フラットシーケンスストラクチャは各フレームをブロックダイアグラムで表示するため、シーケンスローカルを使用したり、コードを非表示にする必要なくフレーム間での配線が可能です。

フラットシーケンスストラクチャは、フレームを追加または削除すると、自動的にサイズ調整されます。

フラットシーケンスストラクチャのフレームを越えてトンネルをドラッグすることはできません。

フラットシーケンスストラクチャの過度の使用を避けるために、データ依存の確立やフロースルーパラメータの使用により、VIのデータフローを制御するようにしてください。

(Real-Time、Windows) フラットシーケンスストラクチャをタイミングシーケンスストラクチャに変換するには、フラットシーケンスストラクチャを右クリックし、ショートカットメニューからタイミングシーケンスと置換を選択します。

スタックシーケンスストラクチャ

フラットシーケンスストラクチャは、順番に実行される1つ以上のサブダイアグラムまたはフレームで構成されます。 ストラクチャの枠線を右クリックして、フレームを追加または削除するか、シーケンスローカルを作成してフレーム間でデータを渡します。 スタックシーケンスストラクチャを使用して、サブダイアグラムが別のサブダイアグラムの前または後で実行されることを確実にします。

スタックシーケンスストラクチャを作成するには、ブロックダイアグラムにフラットシーケンスストラクチャを配置し、それを右クリックして、スタックシーケンスと置換を選択します。

使用可能なサブダイアグラム間をスクロールするには、セレクタラベルの増分/減分矢印をクリックします。 サブダイアグラムは追加、複製並べ替え、または削除できます。 シーケンスローカル端子を使用して、データをあるフレームから任意の次のフレームに渡します。

ブロックダイアグラム上のスペースを節約したい場合、スタックシーケンスストラクチャを使用します。 フラットシーケンスを使用して、シーケンスローカルの使用を避けて、ブロックダイアグラムのドキュメント化を改善します。 スタックシーケンスストラクチャをフラットシーケンスストラクチャに変換するには、スタックシーケンスストラクチャを右クリックして、ショートカットメニューから置換→フラットシーケンスと置換を選択します。

スタックシーケンスストラクチャをケースストラクチャに変換するには、スタックシーケンスストラクチャを右クリックして、ショートカットメニューから置換→ケースストラクチャと置換を選択します。

スタックシーケンスストラクチャは、ストラクチャに配線されたすべてのデータが到達するまで実行を開始しません。 すべてのフレームの実行が完了してから、各フレームから配線されたデータの転送が開始します。

スタックシーケンスストラクチャの過度な使用を避けるには、データ依存性を確立するか、フロースルーパラメータを使用することで、VIのデータフローを制御してみてください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった