ファイル更新 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

refnumによって識別されたファイルのすべてのバッファをディスクに書き込み、refnumに関連付けられたファイルのディレクトリエントリを更新します。

ファイルは開いたままになり、refnumは有効な状態で残ります。 通常、ファイルに書き込まれたデータはバッファが一杯になるか、ファイルを閉じるまでバッファに残ります。 この関数は、バッファデータのすべてをファイルに書き込むように強制的にオペレーティングシステムを設定します。

refnumは、フラッシュするファイルに関連付けられているファイルrefnumです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
refnum出力は未変更のrefnumを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった