From 09:00 PM Friday, August 7 - 10:30 AM CST Saturday, August 8, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.

文字列にフォーマット 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 文字列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

文字列パス、列挙体、タイムスタンプ、ブール、数値のデータをテキストとしてフォーマットします。

数値を文字列に変換するには、「文字列にフォーマット」関数を使用します。 データをテキストとしてフォーマットし、そのテキストをファイルに書き込むには、この代わりに「ファイルにフォーマット」関数を使用します。

詳細  サンプル

形式文字列には、関数が入力引数を結果文字列に変換する方法を指定します。 デフォルト値は、入力引数のデータタイプと同じです。 関数を右クリックし、ショートカットメニューから形式文字列を編集を選択し、形式文字列を作成および編集します。 非表示文字、円コード、パーセント文字を挿入するには、特殊なエスケープコードを使用します。
メモ  この関数は、¥マークをエスケープ文字として解釈します。 形式文字列で¥という文字を使用するには、\\と入力する必要があります。
初期文字列には、引数を追加して結果文字列を作成する元になる文字列を指定します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
入力 1..nには、関数が変換する入力パラメータを指定します。 このパラメータは、文字列パス、列挙タイプ、タイムスタンプ、ブール、または数値データタイプを受け入れます。 複素数データタイプの場合、この関数は、実数部分だけを変換します。 配列とクラスタを使用することはできません。 各入力に対して、最大4,096文字まで指定できます。

このパラメータにブール値を指定し、形式文字列として%sを指定した場合、「文字列にフォーマット」関数はTRUEまたはFALSEを出力します。 このパラメータにブール値を指定し、数値形式コードを指定した場合、「文字列にフォーマット」関数は、TRUEの場合には1の適切なバージョン、FALSEの場合には0の適切なバージョンを出力します。 たとえば、形式コードとして%fを指定した場合、関数は1.00000を出力します。 %dを指定した場合、関数は1を出力します。
結果文字列には、初期文字列と、フォーマットされた出力が連結された文字列が含まれます。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

文字列にフォーマットの詳細

パラメータの数を増やすには、入力1を右クリックし、ショートカットメニューからパラメータを追加を選択するか、関数のサイズを変更します。

メモ  エラーが発生した場合、エラー出力クラスタ要素ソースには、形式文字列にフォーマット (arg n) の文字列が含まれます。ここで、nはエラーが発生した最初の引数です。

ブロックダイアグラムの定数文字列を形式文字列に配線すると、LabVIEWは形式文字列の値を使用して、コンパイルの際、出力の数と各出力のデータタイプを決定します。 出力に配線するデータタイプが形式文字列で決定されたデータタイプと一致しない場合、VIを実行可能にするには、出力タイプを変更する必要があります。

形式文字列内で使用する入力を指定する

この関数は、デフォルトでは、入力の順序に従って形式指定子 (形式文字列内の%コード) に値を代入します。 しかし、%コード内で数字とドル記号 ($) を使用することにより、その%コードに使用する入力を明示的に指定できます。 たとえば、形式文字列内で%3$dの前にいくつ%コードがあっても、%3$dという%コードには、3番目の入力が代入されます。

形式指定子の使用例は、以下のブロックダイアグラムと表を参照してください。

以下の入力組み合わせで、上のブロックダイアグラムの$指定子の効果を説明します。

入力1入力2形式文字列返される文字列コメント
firstsecond%s %sfirst second形式文字列$指定子を使用していないので、関数は値を%コードに入力順に代入します。
最初2番目%2$s %1$ssecond first形式文字列は、入力を入力順序とは異なる順序で表示するために、$指定子を使用します。
firstsecond%1$s %1$s %1$sfirst first first形式文字列$指定子を使用して最初の入力を複数回表示して、2番目の入力を無視します。

この関数が形式文字列の%コードにどのように値を代入するかを構成するために、$以外の特殊文字を使用できます。

サンプル

文字列にフォーマット関数の使用サンプルは、labview\examples\File IO\Spreadsheet\Tab-Delimited DataディレクトリにあるBuffered Stream to Tab-Delimited Text File VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった