クラス名からクラス階層を取得 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: VIスクリプトVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

トップレベルクラスから指定したクラス名まで、継承の降順にクラス名の配列を返します。 たとえば、クラス名Whileループを指定すると、このVIは、[汎用、Gオブジェクト、ノード、ストラクチャ、ループ、Whileループ]の配列を返します。 このVIは、スクリプトまたはプライベート機能を有効にしているか、無効にしているかにかかわらず、有効なクラス名に対して機能します。

このVIは、クラス指定子定数で選択できる任意のクラス名に対して機能します。クラス指定子定数には、VIサーバクラスの下にある、アプリケーションとVI以外のすべてが含まれます。

クラス名は、クラス階層を取得したいオブジェクトのVIサーバクラス名です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
クラス階層は、トップレベルクラスから指定したクラス名まで、継承の降順にクラス名の配列を返します。 たとえば、クラス名Whileループを指定すると、このVIは、[汎用、Gオブジェクト、ノード、ストラクチャ、ループ、Whileループ]の配列を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった