配列分割/部分配列置換 (境界ノード)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ストラクチャ

インストールパッケージ: ベース開発システム

指定した次元に配列を部分配列に分割し、ストラクチャ内の部分配列上で操作を行います。 InPlace要素ストラクチャの境界を右クリックしてショートカットメニューから配列分割/部分配列置換を追加オプションを選択し、InPlace要素ストラクチャでこの境界ノードを配置します。

詳細  

配列には、任意のタイプのn次元配列を入力できます。
分割長は、結果の部分配列の長さを指定します。 分割長の数だけ部分配列が追加されます。 分割長入力は、すべて配線するか、1つも配線しないか、どちらかを選択する必要があります。 分割長入力を1つも配線しない場合は、結果の部分配列の長さは自動的に決定されます。
配列は、この境界ノードが置換した要素、行、列、またはページと返す配列です。
分割長は、結果の部分配列の長さを示します。

配列分割/部分配列置換の詳細

この境界ノードによって、LabVIEWコンパイラがメモリ内の配列と配列要素の完全な値のコピーを作成することを回避できるようになります。

この境界ノードを右クリックして分割次元を選択し、配列を分割する次元を指定します。 たとえば、二次元配列に1を選択すると、元の配列の列から部分配列が作成されます。 0を選択すると、元の配列の行から部分配列が作成されます。

ストラクチャの右側の境界ノードに元の配列より多い要素数を配線すると、元のメモリ領域に合うように要素が切り捨てられます。 境界ノードに元の配列より少ない要素数を配線すると、元のメモリ領域のサイズに一致するように配列要素が追加されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった