データ値リファレンス要素読み取り/書き込み (境界ノード)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ストラクチャ

インストールパッケージ: ベース開発システム

データ値リファレンスまたは外部データ値リファレンスを入力として受け入れ、InPlace要素ストラクチャ内でデータの処理を可能にし、元のメモリスペースにあるデータを置換します。

データ値リファレンスへの読み取り専用アクセスを有効にするには、ストラクチャの右側の境界ノードを右クリックし、並列読み取り専用アクセスを許可を選択します。 右側の境界ノードが未配線の場合、複数の読み取り専用操作が同時に実行することができ、データ値リファレンスは変更されません。

InPlace要素ストラクチャにこの境界ノードを配置するには、InPlace要素ストラクチャの境界を右クリックして、ショートカットメニューからデータ値リファレンス要素読み取り/書き込みを追加を選択します。 これらの境界ノードはパレット検索およびクイックドロップ検索には表示されません。

詳細  

データ値リファレンスは、アクセス先のデータをポイントするリファレンスです。
データ値はリファレンスがポイントするデータです。
メモ  LabVIEWは、外部データ値リファレンス内のデータのサイズを変更することはできません。 このノードは、外部データ値リファレンスの配列のサイズが境界ノードの右側に配線した配列のサイズと異なる場合にはエラーを起こします。 右側の境界ノードにリファレンス配列よりも要素数の多い配列を配線すると、リファレンス配列に合うように要素が切り捨てられます。 右側の境界ノードにリファレンスの配列よりも要素数の少ない配列を配線すると、リファレンス配列が一杯になるまでリファレンス配列にデフォルトデータが追加されます。
データ値リファレンスは、新しいデータをポイントするリファレンスです。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

データ値リファレンス要素読み取り/書き込みの詳細

この境界ノードは、データをInPlace処理する際に使用します。

データ値リファレンスがクラスオブジェクトをポイントする場合、InPlace要素ストラクチャの内側でそのクラスオブジェクトを異なるLabVIEWクラスオブジェクトに置換できません。 同じタイプのオブジェクトならばどれでも置換できます。

メモ  この境界ノードは、ストラクチャに配線されたリファレンスへのシリアル化されたアクセスを提供します。 VIの一部がリファレンスへのアクセスを取得すると、LabVIEWはVIの他の部分または他のVIからの同時アクセスをブロックします。 同じストラクチャでリファレンスに同時に2回アクセスしようとすると、LabVIEWはエラーを返します。 In Place要素ストラクチャ内ですでにリファレンスへのアクセスを取得した後に再度アクセスしようとすると、VIがハングアップする場合があります。 データ値リファレンスを変更しない、複数の同時実行読み取り専用操作を有効にするには、ストラクチャの右側の境界ノードを右クリックして並列読み取り専用アクセスを許可を選択します。

「データ値リファレンス要素書き込み/読み取り」境界ノードのエラー出力は、ストラクチャのいずれか側の境界ノードのエラー出力端子を配線することで取得できます。 境界ノードのエラー出力端子は、ストラクチャのどちら側でも同じであるため、両方配線する必要はありません。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった