In Place入力/出力要素 (境界ノード)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ストラクチャ

インストールパッケージ: ベース開発システム

In Place要素ストラクチャの境界を右クリックして、ショートカットメニューからIn Place入力/出力要素を追加オプションを選択し、In Place要素ストラクチャでこの境界ノードを配置します。

詳細  

In Place入力/出力要素の詳細

この境界ノードを使用して、すべてのデータタイプで操作を実行し、結果のデータをメモリ内の同じ位置に戻します。 ストラクチャの左側の各データ要素入力は、ストラクチャの右側の境界ノードに配線する必要があります。 この境界ノードによって、LabVIEWコンパイラは指定されたデータを別のメモリ位置に移動しなくてもよくなり、メモリ効率と実行効率を向上させることができます。

ストラクチャの左側の境界ノードは、入力としてすべてのデータタイプを受け入れます。 ストラクチャの左側の境界ノードから同じデータタイプを、ストラクチャの右側の境界ノードで入力に配線する必要があります。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった