バリアントから要素/要素からバリアントに変換 (境界ノード)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ストラクチャ

インストールパッケージ: ベース開発システム

In Place要素ストラクチャの境界を右クリックして、ショートカットメニューからバリアントから要素/要素からバリアントに変換を追加オプションを選択し、In Place要素ストラクチャにこの境界ノードを配置します。

詳細  

バリアントは、タイプで指定されたLabVIEWデータタイプに変換するバリアントデータです。
タイプは、バリアントデータを変換するLabVIEWデータタイプです。 タイプには任意のデータタイプを入力できます。 ただし、この関数はバリアントに配線されたデータをこの入力に配線したデータタイプに変換できない場合、エラーが返されます。 データが整数の場合は、データを拡張精度浮動小数点数など別の数値表記法に強制的に設定できます。
バリアントは結果として出力されるバリアントデータです。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

バリアントから要素/要素からバリアントに変換の詳細

この境界ノードを使用して、複数のバリアントデータ要素に操作を実行し、メモリ内の同じ位置の新規データタイプのバリアントデータを置換します。 ストラクチャの左側の境界ノードで回収する各バリアントデータ要素は、ストラクチャの右側の境界ノードでバリアントに再度変換される必要があります。 この境界ノードによって、LabVIEWコンパイラがメモリ内の配列と配列要素の完全な値のコピーを作成することを回避できるようになります。

ストラクチャの左側の境界ノードは「バリアントからデータに変換」関数に似ています。 ストラクチャの右側の境界ノードは「バリアントへ変換」関数に似ています。

「バリアントから要素/要素からバリアントに変換」境界ノードのエラー出力は、ストラクチャのいずれか側の境界ノードのエラー出力端子を配線することで取得できます。 境界ノードのエラー出力端子は、ストラクチャのどちら側でも同じであるため、両方配線する必要はありません。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった