入力デバイス制御VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: コネクティビティVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

入力デバイス制御VIを使用して、コンピュータに接続されているジョイスティック、キーボード、またはマウスについての情報を取得します。

サンプル

「入力デバイスをクエリ」VIを使用して、コンピュータに接続されているデバイスの情報を取得します。 適切な初期化VIを使用して、リファレンスを開いてデバイスを初期化します。 「入力データ取得」VIを使用して、必要なデータを取得します。 「入力デバイスを閉じる」VIを使用して、デバイスに対するリファレンスを閉じます。 エラーコードの詳細については、入力デバイス制御VIエラーコードを参照してください。

(Windows) 入力デバイス制御VIを使用するにはDirectX 8.0以降が必要です。

パレットオブジェクト説明
キーボードを初期化リファレンスを開いて、コンピュータに接続しているキーボードを初期化します。
ジョイスティックを初期化指定した指標のジョイスティックデバイスのリファレンスを開いて、初期化します。
マウスを初期化リファレンスを開いて、コンピュータに接続しているマウスを初期化します。
入力データを取得コンピュータに接続されているデバイスについてのデータを返します。 デバイスID入力にデータを配線して自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。
入力デバイスをクエリコンピュータに接続されているデバイスについての情報を取得します。
入力デバイスを閉じるデバイスIDで指定したデバイスを閉じます。 デバイスID入力にデータを配線して自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。

サンプル

入力デバイス制御VIの使用サンプルは、labview\examples\Connectivity\Input Device ControlディレクトリにあるMonitoring Keyboard and Mouse Activity VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった