名前がマルチプラットフォームか VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ファイル名が他のプラットフォームで有効かどうか確認します。 このVIは、LabVIEWをサポートするデスクトッププラットフォーム (Windows、macOS、およびLinux) に対してのみファイル名を確認します。 すべてのプラットフォームまたは現在のプラットフォームに対してファイル名を確認するかは選択できます。

詳細  

ファイル名は、確認するファイル名を指定します。
ファイル名はすべてのプラットフォームで有効である必要があるは、指定されたファイル名がすべてのプラットフォームで有効かどうかを確認するかどうかを指定します。 この入力がTRUEの場合、VIは、ファイル名をすべてのプラットフォームに対して確認します。 この入力がFALSEの場合、VIは、ファイル名を現在のプラットフォームに対してのみ確認します。 デフォルトはFALSEです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
推奨ファイル名は、ファイル名が有効な場合に指定されたファイル名を返します。 指定されたファイル名が無効な場合、この出力は、無効な文字をハイフンで置き換えるか、最後のピリオドを削除することにより指定されたファイル名を有効なファイル名に変換します。
ファイル名が競合しているは、指定されたファイル名が現在のプラットフォームまたは他のプラットフォームで有効かどうかを返します。 ファイル名はすべてのプラットフォームで有効である必要がある がTRUEの場合、この出力は、指定されたファイル名がいずれかのプラットフォームで無効な場合にTRUEを返します。 ファイル名はすべてのプラットフォームで有効である必要がある がFALSEの場合、この出力は、指定されたファイル名が現在のプラットフォームで無効な場合にTRUEを返します。
ファイル名がクロスプラットフォームでないは、指定されたファイル名がいずれかのプラットフォームで無効かどうかを返します。 この出力は、指定されたファイル名がいずれかのプラットフォームで無効な場合にTRUEを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
問題の説明は、指定されたファイル名がいずれかのプラットフォームにおいて無効である場合に問題の説明を返します。 この出力は、指定されたファイル名が1つまたは複数のプラットフォームにおいて無効である理由を列記します。

名前がマルチプラットフォームかの詳細

このVIは、以下のルールに基づいて、ファイル名が異なるプラットフォームで有効かどうかをチェックします。

  • (Windows) 以下の文字は無効です。\/:*?"<>、および|
  • (Windows) ファイル名の最後にピリオド (.) を使用できません。
  • (macOS) コロン (:) は無効な文字です。
  • (Linux) スラッシュ (/) は無効な文字です。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった