VIツールバーのボタン



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ツールバーにはVIの実行や編集に使用できる以下のツールが含まれています。

メモ メモ  これらのツールバーによる機能の多くは、キーボードショートカットからも使用できます。
実行は、VIを実行します。LabVIEWは必要に応じてVIをコンパイルします。左図のように、実行ボタンが白く塗りつぶされた矢印で表示されている場合、VIを実行できます。また、白い矢印は、VIのコネクタペーンを作成した場合にそのVIをサブVIとして使用できることを示します。
VIがトップレベルである(つまり発行者がないためサブVIでない)場合、VIの実行中、実行ボタンは左図のように表示されます。
VIがサブVIである場合、実行ボタンは左図のように表示されます。
VIがサブVIとして呼び出し用に予約されているとき、実行ボタンは左図のように表示されます。この状態は、VIが、すでに実行中のVIのサブVIである場合、またはタイプ指定VIリファレンスが開いている場合に発生します。VIが予約されている場合、そのVIを直接実行することはできません。
作成中または編集中のVIにエラーがある場合は、実行ボタンは左図のように壊れた状態で表示されます。壊れた実行ボタンをクリックすると、すべてのエラーを表示するエラーリストウィンドウが開きます。ブロックダイアグラムの配線を終了した後、実行ボタンが壊れた状態で表示されている場合は、そのVIは壊れていて実行できません。
連続実行は、実行を中止するか一時停止するまでVIを実行し続けます。
実行を中断は、トップレベルVIの実行を中止します。VIが実行中でない場合、このボタンは淡色表示になります。また、VIを中断メソッドを使用して、実行状態にあるVIをプログラム的に停止することもできます。
メモ  実行を中断ボタンは、VIが現在の反復を完了する前に、VIをすぐに停止します。外部ハードウェアなどの外部リソースを使用するVIを中断すると、リソースが適切にリセットまたは解放されないため状態が不明なままになる可能性があります。この問題を回避するには、停止ボタン付きのVIを設計します。
一時停止は、実行を一時停止または再開します。一時停止ボタンをクリックすると、ブロックダイアグラムが表示され、実行を停止した場所がハイライトされます。もう一度このボタンをクリックすると、VIの実行を再開できます。実行が一時停止されると一時停止ボタンは、実行が一時停止されると赤で表示されます。
実行のハイライトは、実行ボタンをクリックしたときにブロックダイアグラムでの実行の様子を動画で表示します。実行のハイライトボタンが黄色で表示されている場合、実行のハイライトは有効になっています。
ワイヤ値を保持は、データ値を保存します。ワイヤ値を保持ボタンをクリックすると、LabVIEWは実行フローの各ポイントで値を保存するので、ワイヤにプローブを配置すると、ワイヤを介して渡された最新の値を即座に取得することができます。このデバッグツールは、VIのパフォーマンスに影響を与えます。
中に入るを選択すると、ノードが開いて実行が一時停止します。再度中に入るボタンをクリックすると、サブVIまたはストラクチャの最初の動作が実行され、次の動作で一時停止されます。
飛び越えるを選択すると、ノードが実行され、次のノードで一時停止します。
外に出るを選択すると、現在のノードの実行が終了してから一時停止します。VIの実行が終了すると、外に出るボタンが淡色表示になります。
テキスト設定は、VIのフォント設定を変更します。
メモ メモ  VIがブレークポイントで停止した際に、他のVIが停止したVIを呼び出すとテキスト設定位置に呼び出しリストプルダウンメニューが表示されます。呼び出しリストプルダウンメニューからVIを選択してそのVIのブロックダイアグラムを開くことができます。
オブジェクトを整列は、軸に沿ってオブジェクトを整列します。
オブジェクトを均等に整列は、オブジェクトを均等に配置します。
オブジェクトをサイズ変更は、複数のフロントパネルオブジェクトを同じサイズに変更します。
並べ替えは、オブジェクトの重ね合わせの順序を変更するためにオブジェクトを移動します。オブジェクトが重なり合っていて、オブジェクトの順序を定義したい場合は、プルダウンメニューから並べ替えを選択します。
ダイアグラムをクリーンアップは、自動的にブロックダイアグラム上ですべての既存ワイヤの経路設定を修正したり、すべての既存オブジェクトの並べ替えを実行します。
詳細ヘルプウィンドウを表示は、詳細ヘルプウィンドウを表示します。
テキストを入力してくださいボタンは、制御器の現在の値が新しい値で置換される状態になると表示されます。テキストを入力してくださいボタンは、このボタンをクリックするか、<Enter>キーを押すか、フロントパネルやブロックダイアグラムのワークスペースをクリックすると非表示になります。
警告は、VIに注意すべき警告が含まれている場合、エラーリストウィンドウの警告を表示チェックボックスにチェックマークを付けると表示されます。
他のアプリケーションインスタンスと同期は、すべてのアプリケーションインスタンスのVIに変更を適用します。このボタンをクリックすると、それ以前のVIへの変更は取り消すことができません。このボタンは、複数のアプリケーションインスタンスで開かれているVIを編集する場合にのみ使用できます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった