フォルダをリスト 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

パスで検出されたすべてのファイル名とフォルダ名をリストする2つの文字列の配列を返して、パターンに基づいて両方の配列をフィルタ処理し、指定されたデータログタイプに基づいてファイル名配列をフィルタ処理します。

詳細  

データログタイプには任意のデータタイプを指定でき、指定したデータタイプのレコードが含まれているデータログファイルのみに対して返されるファイル名を制限します。 データログレコードには、タイムスタンプクラスタおよびフロントパネルデータのクラスタが含まれます。
パスは、指定する内容のフォルダを識別します。 これが既存のフォルダでない場合、この関数はファイル名フォルダ名を空の配列に設定し、エラーを返します。 パスがVIライブラリ(*.llb)を指している場合、ファイル名はVIライブラリの内容を返し、フォルダ名は空の配列を返します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
パターンは、名前がパターンに一致するファイルおよびディレクトリを制限します。 この関数でのパターン一致は、WindowsやLinuxでファイル名の検索に使用されるワイルドカードに似ており、「パターンで一致」関数や「正規表現で一致」関数での正規表現の一致とは異なります。 疑問符(?)またはアスタリスク(*)以外の文字を指定すると、この関数ではそれらの文字が含まれているファイルまたはディレクトリのみを表示します。 疑問符(?)を指定して、任意の1文字と一致させることができます。 アスタリスク(*)を指定すると、文字がない、または複数の文字のシーケンスと一致させることができます。

パターンが空の場合、VIではすべてのファイルとディレクトリを返します。
パス出力は、パスをそのまま返します。
ファイル名には、指定したディレクトリ内で検出されたファイルの名前が含まれています。 この関数はディレクトリ内のフォルダで検索されたファイル名を返しません。 この関数はファイル名をアルファベットの昇順にソートします。
フォルダ名には、指定したディレクトリ内で検出されたフォルダの名前が含まれています。 この関数はフォルダ名を昇順にソートします。 パスが空パスの場合、フォルダ名にはコンピュータのドライブ名が含まれます。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

フォルダをリストの詳細

メモ  フロントパネル制御器は、関数が指定ディレクトリで検索されたファイルとフォルダの一覧を表示している間に更新されることがあります。 制御器は、関数がファイルとフォルダの一覧表示が終わると更新されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった