フォルダを作成 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

パスで指定した適切なフォルダを作成します。

この関数は、指定されたパスに既存しないフォルダをすべて作成します。 ファイルまたはフォルダが指定された場所にすでに存在する場合、この関数はファイルまたはフォルダを上書きせずにエラーを返します。

プロンプト(フォルダを作成)は、ファイルダイアログボックスのファイルとディレクトリ(またはフォルダ)のリストの上に表示されるメッセージです。
パスは、作成するフォルダの絶対パスです。 データをパスに配線しない場合、この関数はフォルダを選択するダイアログボックスを表示します。 空パスまたは相対パスを指定すると、この関数はエラーを返します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
作成されたパスは、フォルダの新しい場所を指定します。 この処理に失敗すると、この関数は作成されたパス<無効パス>に設定します。
キャンセルされたは、ファイルダイアログボックスをキャンセルするとTRUEになります。 それ以外は、関数がエラーを返した場合でもキャンセルされたがFALSEになります。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった