リファレンスオブジェクトからの新規VIオブジェクトのオフセット



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: VIスクリプトVIおよび関数

インストールパッケージ: VI スクリプト

このクラスタを使用して、「新規VIオブジェクト」関数の位置を別のオブジェクトからのオフセットとして定義できます。 位置入力に使用できる3種類の引数を視覚的に比較するには、labview\examples\Application Control\VI Scripting\Creating ObjectsディレクトリにあるNew VI Object Location ArgumentサンプルVIを参照してください。

Refnum要素は、「バンドル」関数または「名前でバンドル」関数を使用して既存オブジェクトへのリファレンスに初期化する必要があります。

詳細  サンプル

refnumは、「新規VIオブジェクト」関数で追加する新規オブジェクトが隣に配置されるオブジェクトへのリファレンスです。
相対方向は、新しいオブジェクトの追加先となる、refnumによって参照されるオブジェクトに相対する方向です。

0Right
1Left
2Top
3Bottom
4Top Right
5Top Left
6Bottom Right
7Bottom Left
ポイント32は、新しいオブジェクトのリファレンス先オブジェクトからの特定の方向へのオフセットを示します。
水平は、相対方向で指定された場所からの水平方向のオフセットです。
垂直は、相対方向で指定された場所からの垂直方向のオフセットです。

リファレンスオブジェクトからの新規VIオブジェクトのオフセットの詳細

リファレンスオブジェクトからの新規VIオブジェクトのオフセットクラスタには、他のオブジェクトへのリファレンス、そのオブジェクトからの相対方向の列挙体リスト、オフセット座標のサブクラスタが含まれます。 相対方向とオフセットは、「新規VIオブジェクト」関数による新規オブジェクトのリファレンスオブジェクトに対する位置を指定します。

サンプル

リファレンスオブジェクトからの新規VIオブジェクトのオフセットVIの使用サンプルは、labview\examples\Application Control\VI Scripting\Creating ObjectsディレクトリにあるNew VI Object Location Argument VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった