新規VIオブジェクト 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: VIスクリプトVIおよび関数

インストールパッケージ: VI スクリプト

所有者refnumで指定されたVIのフロントパネルまたはブロックダイアグラムに新しいVIオブジェクトを追加し、その新しいオブジェクトへのリファレンスを返します。 VIオブジェクトとは、LabVIEW編集環境で作成する制御器、ノード、サブVIの呼び出し、ユーザ定義制御器などを指します。

サンプル

自動配線?は、新規オブジェクトの端子と位置に配線されたソースオブジェクトの互換性のある端子への自動配線を試みるかどうかを指定します。 この入力は使用しないことをお勧めします。 代わりに、VIスクリプトによって新しいオブジェクトを別のオブジェクトに正確に配線してください。
VIオブジェクトクラスは作成するオブジェクトのクラスを示します。 クラスを指定するには、クラス指定子定数をこの入力に配線します。 クラス指定子定数は、LabVIEWのすべてのオブジェクトクラスのメニューを階層的に表示します。 各オブジェクトのクラスを特定するには、一般的なVIオブジェクトの構造を参照してください。

VIオブジェクトクラスは、オブジェクトrefnumが返すリファレンスのタイプの決定に使用されます。 たとえば、ブールタイプのクラス指定子定数をVIオブジェクトクラスに配線すると、返されるオブジェクトrefnumがブールリファレンスに変更されます。
所有者refnumは、新しいオブジェクトを配置するコンテナへのリファレンスです。 最も一般的に使用されるコンテナには、VI、クラスタ、ループやその他ストラクチャのダイアグラムなどがあります。 たとえば、VIのフロントパネルに新しい制御器を追加するには、そのVIまたはそのVIのフロントパネルへのリファレンスを所有者refnumに配線します。 Forループ内に新規オブジェクトを配置するには、所有者refnumにそのForループのダイアグラムへのリファレンスを配線します。
スタイルは、作成するオブジェクトの厳密なタイプを示します。 スタイル端子で定数を作成すると、すべてのLabVIEWオブジェクトのリストが取得されます。 スタイルには、VIオブジェクトクラスで指定されたクラスと互換のある値を選択します。 たとえば、VIオブジェクトクラスがブールの場合は丸押しボタンスタイル、VIオブジェクトクラスが関数の場合は和スタイルを選択できます。 VIオブジェクトクラスがブールの場合に互換性のない和スタイルを選択すると、ランタイムエラーが返されます。

制御器:スタイルIDノード:スタイルプロパティを使用して、作成するオブジェクトのスタイルを識別できます。
位置は、所有者refnumで参照されるコンテナ内で新しいオブジェクトを配置する位置を指定します。 位置端子は、以下の3種類の引数を受け入れます。
  • xy座標―新しいオブジェクトを所有者の原点を原点とする特定の座標に配置します。 このタイプのクラスタを簡単に作成するには、位置端子から定数を作成します。
  • 既存オブジェクトへのリファレンス―新しいオブジェクトをリファレンス先オブジェクトの隣に配置します。
  • リファレンスオブジェクトからの新規VIオブジェクトのオフセット―新規オブジェクトを、クラスタで参照されるオブジェクトからの指定された距離に配置します。
これらの引数タイプの視覚的な比較については、「新規VIオブジェクト位置の引数」関数に関するトピックのサンプルセクションを参照してください。
水平は水平位置のことです。
垂直は垂直位置のことです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
パスは、サブVIまたは既存のカスタム制御器へのパスです。 パスには、これらのオブジェクトを所有者に追加する場合にのみデータを配線します。

パスにデータを配線する場合は、VIオブジェクトクラス一般→Gオブジェクト→ノード→サブVIまたはリストされる親クラスの1つに設定する必要があります。 パスにデータを配線すると、スタイル入力は無視されます。
境界は、新しいオブジェクトがサイズ変更可能な場合に、その幅と高さを指定します。 固定サイズオブジェクトでは境界は無視されます。
はオブジェクトの幅を指定します。
高さはオブジェクトの高さを指定します。
オブジェクトrefnumは、この関数で作成された新しいオブジェクトへのリファレンスを返します。 リファレンスは、VIオブジェクトクラスで指定されたクラスになります。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプル

新規VIオブジェクト関数の使用サンプルは、labview\examples\Application Control\VI Scripting\Creating ObjectsディレクトリにあるNew VI Object Location Argument VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった