VIオブジェクトリファレンスを開く 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: VIスクリプトVIおよび関数

インストールパッケージ: VI スクリプト

名前/順序入力でラベルを指定したオブジェクトへのリファレンスを開きます。

詳細  

VIオブジェクトクラスは、リファレンスを取得するオブジェクトのクラスを示します。 クラスタイプを指定するには、クラス指定子定数をこの入力に配線します。 クラス指定子定数は、LabVIEWのすべてのオブジェクトクラスのメニューを階層的に表示します。 この階層で参照するオブジェクトのクラスを検索できます。

また、この関数はVIオブジェクトクラスを使用してオブジェクトrefnumが返すリファレンスのタイプを決定します。 たとえば、ブールタイプのクラス指定子定数をVIオブジェクトクラスに配線すると、返されるオブジェクトrefnumがブールリファレンスに変更されます。
所有者refnumは、取得するオブジェクト所有者へのリファレンスです。 所有者はフロントパネル、クラスタ、ブロックダイアグラム、ストラクチャダイアグラムのいずれかでなければなりません。 たとえば、フロントパネルの制御器へのリファレンスを取得するには、所有者refnumにフロントパネルへのリファレンスを配線します。 同様に、Forループ内のオブジェクトへのリファレンスを取得するには、所有者refnumにForループのダイアグラムへのリファレンスを配線します。
名前/順序は、リファレンスを取得するオブジェクトを示します。 名前/順序は、取得するオブジェクトのラベルに一致しなければなりません。 クラスタ内にあるオブジェクトへのリファレンスを取得する場合は、コンテナ階層の名前を含む文字列配列を使用できます。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
オブジェクトrefnumは、VIオブジェクトクラスで指定されたクラスと名前/順序で指定されたラベルの両方に一致するオブジェクトへのリファレンスを返します。 このリファレンスは、VIオブジェクトクラスで指定されたクラスになります。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

VIオブジェクトリファレンスを開くの詳細

「VIオブジェクトリファレンスを開く」関数を使用すると、ターゲットVIでラベルが付けられたあらゆるオブジェクトへのリファレンスを取得できます。 ラベルが不明なオブジェクトへのリファレンスを取得するには、既知のリファレンスからそのオブジェクトへ移動するか、代わりに「Gオブジェクトの走査」VIを使用する必要があります。

ブロックダイアグラムオブジェクトには、デフォルトではラベルが表示されていません。 「VIオブジェクトリファレンスを開く」関数はラベルによって必要なオブジェクトを識別するため、この関数を実行する前にオブジェクトのラベルを少なくとも1度表示する必要があります。 ブロックダイアグラムオブジェクトのラベルは、オブジェクトのショートカットメニューで表示項目→ラベルを選択して表示できます。

ターゲットコードで2つのオブジェクトに同じラベルが付けられている場合は、「VIオブジェクトリファレンスを開く」関数はどちらか1つへのリファレンスだけを返します。 オブジェクトへのリファレンスを正確に取得するためには、ターゲットコードで各オブジェクトに固有のラベルを付ける必要があります。

「VIオブジェクトリファレンスを開く」関数は、所有者オブジェクト内でネストされたオブジェクトを検出できません。 たとえば、ブロックダイアグラムをオブジェクトの所有者として指定すると、「VIオブジェクトリファレンスを開く」関数はForループの内部を検索しません。 「VIオブジェクトリファレンスを開く」関数でForループ内のオブジェクトへのリファレンスを取得するには、Forループをオブジェクトの所有者として指定する必要があります。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった