パスを配列文字列に変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: パス/配列/文字列変換関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

パスを文字列の配列に変換し、パスが相対的かどうかを示します。

パスは、文字列の配列に変換するパスです。 パス<無効なパス>の場合、文字列の配列は空で相対はFALSEです。
相対は、変換するパスが相対パスか絶対パスかを示します。 Trueの場合、相対パスです。 Falseの場合、絶対パスです。
文字列の配列には、パスの構成要素が含まれます。 最初の要素は、パス階層の最初のステップです。 複数ボリュームをサポートしているファイルシステムの場合は、最初の要素はボリューム名です。 パスがネットワークパスの場合、文字列の配列の最初の要素には、パス階層の最初のステップの他にサーバ名が含まれます。 文字列の配列の最後の要素は、パスによって指定されたファイルまたはディレクトリです。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった