パスタイプ 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

指定されたパスのタイプを返して、そのパスが絶対パス、相対パス、または<無効パス>であるかを示します。

この関数は、そのパスがコンピュータ上に存在するかどうかは確認しません。 パスの構文のみをチェックします。 ファイルまたはディレクトリがコンピュータ上に存在するかどうかを確認するには、ファイル/ディレクトリ情報関数を使用します。

パスには、構文をチェックするパスを指定します。
タイプは、指定されたパスのタイプを示します。 UNCファイルパスは絶対ファイルパスです。 UNCファイルパスを表すには、先頭に2つの円記号(\\)を付けます。 タイプは、この関数に無効パス定数を配線した場合のみ<無効パス>を返します。

0絶対パス
1相対パス
2<無効パス>


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった