再帰ファイルリスト VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 上級ファイルVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

フォルダまたはLLBの内容をリストします。

フォルダパスは、LabVIEWで返させる内容のフォルダまたはLLBのパスを指定します。
LLBをフォルダとして扱う?は、LLBをファイルまたはフォルダとしてリストするかどうかを指定します。 LLBをフォルダとして扱う?がTRUEの場合、このVIはフォルダリストにLLBを含みます。 LLBをフォルダとして扱う?がFALSEの場合、このVIはファイルリストにLLBを含みます。 デフォルトはFALSEです。 フォルダパスがLLBへのパスを指定する場合、このVIはこの入力を無視し、ディレクトリ内の全ファイルのすべてのファイル(LLBを含む)を返します。
エラー時に再帰を継続?は、エラー発生時も再帰的ディレクトリを継続するかどうかを指定します。 エラー時に再帰を継続?がTRUEの場合、エラー発生後も再帰的ディレクトリの内容を継続します。 エラー時に再帰を継続?がFALSEの場合、エラー発生時に再帰的ディレクトリの内容を停止します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
パターンは、フォルダパスで検索するファイルのパターンを指定します。 疑問符(?)を指定して、任意の1文字と一致させることができます。 アスタリスク(*)を指定すると、文字がない、または複数の文字のシーケンスと一致させることができます。 たとえば、このVIを使用してフォルダ内のVIを検索したい場合は、パターン*.viを指定します。
除外するフォルダは再帰から除外するフォルダ名を指定します。 除外されたフォルダは全フォルダ配列に表示されません。 この入力では大文字と小文字が区別されます。
全フォルダはすべてのサブフォルダのリストおよびフォルダパスのフォルダへのショートカットを返します。
複製フォルダパスは、フォルダパスを変更なしで返します。
ディレクトリ内の全ファイルフォルダパスにすべてのファイルのリストを返します。 LLBをフォルダとして扱う?をTRUEに設定すると、このファイルリストはLLBを含みます。 リストにはファイルへのショートカットが含まれます。
ファイル数ディレクトリ内の全ファイルの配列でファイル数を返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった