イベント登録 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: イベント関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

イベントをダイナミック登録します。 登録できるイベントは、各イベントソース入力に配線したリファレンスのタイプによって異なります。 イベントストラクチャまたは他の「イベント登録」関数に、イベント登録Refnum出力出力を配線します。

詳細  サンプル

イベント登録refnumは、「イベント登録」関数が作成した既存のイベント登録へのリファレンスです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
イベントソース1..nは、アプリケーション、VI、制御器、またはユーザイベントのリファレンスです。 リファレンスはローカルオブジェクトである必要があります。 リファレンスは、リモートオブジェクトに配線することはできません。 この入力にRefnumの配列またはクラスタを配線すると、LabVIEWではこのイベントの配列またはクラスタの要素がすべて登録されます。
イベント登録refnum出力は、新規または既存のイベント登録のリファレンスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

イベント登録の詳細

ダイナミック登録を使用している場合は、各イベントストラクチャに「イベント登録」関数があることを確認してください。

イベントソース入力は、アプリケーション、VI、制御器、またはユーザイベントのリファレンスです。 各種のイベントソースは、様々なイベントを生成します。 特定のイベントソースに対して検出するべきイベントを指定するには、そのイベントソースのデータ項目を右クリックしてイベントを選択します。 この関数を実行すると、指定したイベントの発生が検出(登録)されます。 これらのイベントはキューに格納され、同じVI内のイベントストラクチャで処理できます。

「イベント登録」関数のイベント登録refnum出力端子をイベントストラクチャの枠線上のダイナミックイベント端子、「イベント登録解除」関数、または別の「イベント登録」関数の左上の入力に配線します。 「イベント登録」関数の左上の入力を配線する場合、関数はイベントを再登録する代わりに、そのrefnumに関連付けられた既存の登録情報を変更します。

明示的にそのイベントを登録解除する、イベントを登録したVIが実行を終了する、またはVIを中止するまで、登録されたイベントは登録された状態で残ります。 イベント用に登録したVIがサブVIの場合、そのVIのトップレベルVIの実行が終了するか中止されると、イベントは登録解除されます。 VIを実行メソッドを使用してイベントを登録したサブVIを実行する場合、サブVIの実行が終了するか中止されると、イベントは登録解除されます。

メモ  制御器パレットにイベント登録Refnumは含まれていません。これは、イベント登録Refnumがタイプ指定されていて、一般的なバージョンが存在しないためです。 「イベント登録」関数を構成する、または関数を右クリックして制御器または表示器をショートカットメニューから作成することで、イベント登録Refnumを作成できます。 イベント登録Refnumを含むアプリケーションの一部を選択し、編集→選択範囲をサブVIに変換を選択して、選択肢からサブVIを作成することもできます。 後で「イベント登録」関数を変更し、イベント登録Refnumのタイプを変更した場合、一致する制御器または表示器を作成し直す必要があります。

サンプル

イベント登録関数の使用サンプルは、labview\examples\Dialog and User Interface\EventsディレクトリにあるDynamic Event Generation VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった