部分配列置換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 配列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

指標で指定した配列内の要素、または配列を別の要素に置換します。

この関数に配列を配線すると、この関数は自動的にサイズ調整を行い、配線した配列の各次元数に対して指標入力を表示します。 コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  サンプル

n次元配列は、置換する要素、行、列、またはページを含む配列です。 任意のタイプのn次元配列が可能です。
指標 0..nは、配列で置き換える要素、行、列、またはページを指定します。 この入力を配線しない場合、新規要素/部分配列入力の次元は、この関数が置換する要素0で始まるn次元配列の要素数を決定します。 たとえば、この入力を配線せず、n次元配列が3つの要素で構成され、新規要素/部分配列が2つの要素で構成されている場合、この関数はn次元配列の最初の2つの要素(0および1)のみを置換します。
新規要素/部分配列は、n次元配列で指定された配列の要素、行、列、またはページを置き換える配列または要素です。
メモ  新規の要素または部分配列のベースデータタイプは、入力配列と同じタイプでなければなりません。
出力配列は、置換した要素、行、列、あるいはページを含む配列です。

部分配列置換の詳細

この関数をサイズ変更して、複数の要素または部分配列を一度に置換できます。 「部分配列置換」は、元の入力配列に影響しません。 この関数は、入力配列の列、行、またはページに収まらないサイズの部分配列を切り取ります。 任意の指標が負またはn次元配列の対応する次元よりも大きい場合、この関数の作用は適用されません。

サンプル

部分配列置換関数の使用サンプルは、labview\examples\ArraysディレクトリにあるReplace Array Elements VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった