ビルド仕様バージョンを設定 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: アプリケーションビルダVI

インストールパッケージ: ベース開発システム

ビルド仕様のバージョン情報を設定します。 このVIは、メジャー、マイナー、修正およびビルドバージョン番号を設定します。これらの番号は、ビルド仕様のプロパティダイアログボックスのバージョン情報ページのバージョン番号に対応します。 LabVIEWは、このVIにパスが配線されている場合にのみ、自動的にバージョン情報を保存します。 このため、このVIにプロジェクトリファレンスを配線する場合は、バージョン情報を設定した後でプロジェクトを手動で保存する必要があります。

このVIでバージョン情報を設定できる対象は、スタンドアロンアプリケーション、インストーラ、.NET interopアセンブリ、パックライブラリ、共有ライブラリ、またはソース配布です。

メモ  インストーラビルド仕様に含まれている情報は、メジャー、マイナー、および修正バージョン番号のみです。

Zipファイルのバージョン情報を設定しようとすると、このVIはエラーを返します。

プルダウンメニューを使用してこのVIのインスタンスを選択してください。

ビルド仕様バージョンを設定 (パス)

プロジェクトへのパスには、ビルド仕様が含まれているLabVIEWプロジェクトファイル(.lvproj)の完全パスを指定します。
ビルド仕様の名前には、バージョン情報を設定したいビルド仕様の名前を指定します。 ビルド仕様のバージョン情報を設定するために、プロジェクトエクスプローラウィンドウのビルド仕様の下に表示される名前を入力してください。
ターゲット名には、ビルド仕様が格納されているターゲットを指定します。 デフォルトのターゲットは、マイコンピュータです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
ビルド仕様バージョンは、ビルド仕様のバージョン情報を返します。
メジャーは、メジャーバージョンを返します。 この番号は、大幅な機能変更を反映させるために増分させます。
マイナーは、マイナーバージョンを返します。 この番号は、メジャーバージョン番号と似ており、マイナーな機能変更を反映させるために増分させます。
修正は、修正バージョン番号を返します。 この番号は、バグ修正などの小さな変更があった場合に増分させます。
ビルドは、ビルド番号を返します。 この番号は、毎晩のビルドで増分させます。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

ビルド仕様バージョンを設定(プロジェクトリファレンス)

プロジェクトリファレンスには、ビルド仕様が格納されているLabVIEWプロジェクト(.lvproj)のリファレンスを指定します。
ビルド仕様の名前には、バージョン情報を設定したいビルド仕様の名前を指定します。 ビルド仕様のバージョン情報を設定するために、プロジェクトエクスプローラウィンドウのビルド仕様の下に表示される名前を入力してください。
ターゲット名には、ビルド仕様が格納されているターゲットを指定します。 デフォルトのターゲットは、マイコンピュータです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
ビルド仕様バージョンは、ビルド仕様のバージョン情報を返します。
メジャーは、メジャーバージョンを返します。 この番号は、大幅な機能変更を反映させるために増分させます。
マイナーは、マイナーバージョンを返します。 この番号は、メジャーバージョン番号と似ており、マイナーな機能変更を反映させるために増分させます。
修正は、修正バージョン番号を返します。 この番号は、バグ修正などの小さな変更があった場合に増分させます。
ビルドは、ビルド番号を返します。 この番号は、毎晩のビルドで増分させます。
複製プロジェクトリファレンスは、ビルド仕様を含んでいるLabVIEWプロジェクトへの変更なしのリファレンスです。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった